【基本練習】上手くなる!ボレーボレーのポイント【ソフトテニス】

ボレーボレーは、初心者からトップ選手に至るまで、あらゆるレベルの選手が行う基本練習です。

練習のはじめの基本練習として、多くの学校で取り入れられています。また、大会会場では、選手が試合前のウォーミングアップとして、ボレーボレーをしている姿をよく見かけることでしょう。

ボレーボレーは、手軽なウォーミングアップというイメージがありますが、実は高度で、あらゆるプレーに通じる能力を養うことのできる奥の深い練習です。ポイントを理解して意識を持って取り組むことで、練習の質が大きく変わってきます。

今回は、ボレーボレーのポイントを紹介していきます。

ボールタッチの感覚を磨こう!

ボレーボレーでは、インパクトでのボールへの感覚が鋭くなります。

ボレーボレーで、スイングによるごまかしがききません。性格に相手の胸元へボールを打ち続けるためには、インパクトの時のボールへの感覚を研ぎ澄ませていくことが必要です。

乱打のような長い距離でラリーを行う練習では、ラケットタッチがいい加減でも、距離も長いし、スイングも大きいので、実際にはごまかせてしまう所があります。

ボレーボレーでは、繊細な面感覚と力加減でボールにタッチする必要があり、インパクトの時のボールへの感覚が鋭敏になります。ボールをつかんで離すような感覚が強くなり、ントロールが良くなっていきます。

ボレーボレーで準備が早くなる!

ボレーボレーを行うと、ラリーの中での準備が早くなります

ボレーボレーは 距離が短く、しかもノーバウンドです。ベースライン上でのラリーと比べると、ボールが返ってくるまでの時間がとても短いです。そのため、すぐ準備ができないと、次のボールに対応できません。

ラリーを続けるために自然と準備が早くなっていきます。

予測力が身に付く!

山なりの緩いボールでの慣れてきたら、速くて鋭いボールのボレーボレーに挑戦しましょう。速いボールのボレーボレーでは、ボールが飛ぶ方向を瞬時に予測する力が身に付きます。

速いボールでのボレーボレーは、全ての練習の中で、打ってから帰ってくるまでの時間が最も短い練習になります。そのため次のボールを先を読みしながら対応する必要があります。相手の体勢、ラケットの出し方、面の角度などを見て、ボールが飛んでくる方向を何となく予測していく力が養われます。

この予測力は、素早いスタートにつながり、後衛の選手がベースライン上のラリーをする場合にもおおいに役に立ってきます。

時間的に余裕のないラリーの中でこそ、打球を予測する力が鍛えられるわけです。

参考にしたいボレーボレーの動画

こちらは、スポーツインテリジェンスによるソフトテニス講習会の動画です。高川経生選手により、普段なかなか聞くことができないボレーボレーのフットワークの正しい方法について解説されています。

まとめ

ボレーボレーで身に付く能力は、表面的なボレーの能力だけでなく、ソフトテニスの全てのプレーに通じる超基本的な能力です。短い距離で、ノーバウンドでラリーするというシンプルな練習だからこそ、ソフトテニスのエッセンスが凝縮されているもかもしれません。ぜひ日々のボレーボレーの参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする