ダブル後衛に勝つための3つの戦術【ソフトテニス】

ダブル後衛は守りに特化した陣形です。対戦する時には、持久戦の覚悟が必要です。

やみくもに強打しても拾われ続けてしまうことが多いです。工夫して攻めることが必要です。

ダブル後衛の鉄壁の守りを崩すためには、コースや配球などを考え、無理なく攻めることが重要です。対ダブル後衛の戦術を見ていきましょう。

戦術①:一人と打ち合う

ダブル後衛との対戦では、どちらのプレイヤーと打ち合うか、あらかじめペアと話し合って決めておきます。

やはり、弱い方のプレイヤーと打ち合う方がラリーに勝ちやすくなり、有利です。ストローク力の強い方のプレイヤーと打ち合う必要はないでしょう。

また、一球ごとにコースを変えては味方の前衛がポジションを取るのが難しくなります。前衛は、どちらの相手が打ってくるかによってポジション取りが異なります。

そのため、コロコロと打ち合う相手を変えては、味方前衛はポジションに遅れてしまい、攻撃に参加しづらくなるばかりか、穴になってしまいます。前衛を活かすためにも、一人の相手と打ち合う必要があります。

戦術②:陣形を崩す

ダブル後衛の陣形を崩すには短いボールが有効です。短いボールでネット前におびき出し、そのプレイヤーの方を狙い攻撃します。

中間ポジションからの相手の返球は、ローボレーや甘いストロークなどになりやすいので、有利に攻め続ける展開に持っていくことができます。

また、相手プレイヤーは2人とも後衛であり、ネットプレイが苦手な場合が多いです。その場合、ネット前におびき出すことで相手のミスが増えやすくなり、有効になります。

戦術③:センターを狙う

ダブル後衛の相手に対しては、センターを突くことも有効です。

センターのボールは、相手のどちらのプレイヤーがとるかで譲り合いが生じ、ミスを誘発できます。また、どちらのプレイヤーも移動して返球する必要があり、陣形を崩せる意味でも有効打になります。

このように相手の立場では苦しいボールとなりますが、味方後衛の立場では、センターはサイドアウトの危険がなく、安全に打てるボールになります。

センターはリスクなく攻撃できるコースで、センターを突くことで、有利な展開に繋げることができます。

まとめ

ダブル後衛を相手する時は、持久戦の覚悟が必要です。その中でも、戦術のセオリーを押さえて、意図をもって攻め、陣形を崩していきましょう。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする