攻めのロブと守りのロブを使い分けよう【ソフトテニスの戦術】

ロブは、攻守の両面で活躍するボールです。

相手に深く厳しいシュートボールを打ち込まれた時に、大きくロブを上げることができれば、形勢を立て直すことができます。

また、相手前衛の頭上を切れ良く通す中ロブが打てれば、相手陣形を崩すことができます。

ロブが使えないと、シュートボールに頼る平面的なテニスになってしまい、前衛につかまってしまいやすくなります。

ロブのポイントを押さえて、相手に的を絞らせない立体的なテニスを身に付けましょう。

守りの大ロブで時間を稼ぐ

相手に深くし厳しいシュートボールで攻め込まれた時や、陣形が大きく崩された時などは、態勢を立て直す必要があります。大きく守りのロブを上げることが有効です。

守りのロブを上げるときには、ラケット面は縦面を使い、スイングします。

軸足の膝の曲げ伸ばしを使って、ボールを持ち上げるようにして、全身を使ってボールを運ぶ意識が大切です。

ネット上のどこを通して、コートのどこにボールを落とすかを意識して狙いを定めます。高さと深さを意識することで、相手前衛につかまらずに体勢を立て直せる有効な守りのロブを打つことができます。

攻めの中ロブで陣形を崩す

攻める余裕のある時の選択肢の一つに、中ロブがあります。

攻めの中ロブは相手前衛の頭上ギリギリを通して、陣形を崩すことができます。

特にクリティカルに決まった場合には一本でエースになることもあります。

中ロブで攻めることができると攻撃の幅が広がります。

中ロブでは横面を使い、高い打点でボールを捕らえます。

ラケットを思い切って振り切り、ボールに回転をかけることで、鋭くキレのある中ロブになります。

下半身の使い方で重要なのはやはりひざの曲げ伸ばしです。中ロブでは、膝の曲げ伸ばしを使いながら、体重移動もしっかり行います。回転をかけつつ、ボールを押す意識が大切です

膝の曲げ伸ばしと体重移動でボールを運ぶ感覚を身に付けてみて下さい。

まとめ

今回は、ロブを打つためのポイントを取り上げました。

シュートボールのみの平面的なテニスでは、相手に的を絞られ、相手前衛につかまったり、相手後衛にペースをつかませたりしてしまいます。

ロブを身に付けることで、立体的にコートを使え、リズムも変えることができ、テニスの幅が大きく広がります。ぜひ練習してみて下さい。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする