調子の悪い日に勝つための3つのポイント【ソフトテニスの戦術】

ソフトテニスの試合の多くは一発勝負です。トーナメント形式の試合では、負ければそこで終わりです。

私の周りでも最後まで調子が悪かったなどと嘆く人を見かけます。私もその気持ちは十分わかりますが、負ければ終わりであることに変わりがありません。

調子が悪い時に勝てるかが、勝てる選手と途中で負ける選手の境目だと思うのです。

今回は調子が悪い日に勝つために実行したい3つの方法を見ていきます。

もっと遅いボールを打つ

調子が悪くシュートボールに威力がない日には、前衛につかまったり、後衛に厳しく打ち返されたりします。

その結果を受けて、さらに力を入れ、しっかりしたフォームで打とうとすると、コースがばれやすくなり、前衛につかまりやすくなるなんてことがあるかと思います。

調子の悪い日に速いボールで戦おうとすると、相手の打ちごろの球になったり、ばれやすくなったりするのです。そんな時に有効なのが、もっと遅いボールを打つことです。

そもそもソフトテニスのラリーでは同じ球種で返すことが一番簡単なのです。ロブはロブで返すのが簡単ですし、シュートはシュートで返すのが簡単です。

つまり、速いボールを打つと速いボールで返ってきやすいし、遅いボールを打てば遅いボールで返ってきやすいのです。だから調子の悪い日には、遅いボールを使えば、遅いボールのラリーに持ち込むことができます。

遅いボールで、高い所を通して相手につかまらないように戦い、相手の嫌がる所へボールを配球していきましょう。無理に速いボールでラリーするよりも勝機が見えてくるでしょう。

フットワークに神経を集中する

調子の悪い日は、ラケットに上手く当たらない、ボールが走らないなどとラケット感覚に終始してしまう人が多いです。

ですが、ラケット感覚はなかなか一日で修正するのは難しいし、完全に修正することは出来ないのではないかと思います。その日が試合の日であれば、ラケット感覚は修正できないままに、勝たなければなりません。

むしろ意識するべきはフットワークだと思います。調子の悪い日は打ち勝つよりも、長くラリーを続けて、泥試合に持ち込む方が勝ちやすいと思います。

ラケット感覚と違い、フットワークは調子に左右されにくいものですし、修正が効きやすいものです。調子の悪い日にはフットワークを意識して戦うのが良いでしょう。

試合中は相手をよく見てどちらに打つのか常に予測しながら、一球でも多くラリーを続けることで、相手の自滅を狙ったり、じっくりチャンスを引き出したりすることが有効です。

日頃から自己分析を

調子の違いによって、打てるボールが変わります。何も悪いことだけではありません。

調子の悪い日はボールが短くなりがちですが、いつもは打てない角度のあるクロスのボールが打てたりすることがあります。また、ボールが走らない分、コントロールが付きやすくなることもあるかと思います。調子が悪い分、腹をくくってボールを拾う方に集中してフットワークが良くなることもあるかもしれません。

調子が悪い日には、調子が悪い日なりの戦い方があります。日頃から調子が悪いと自分の技術に起こる変化を把握して、どう戦えば上手くたたけるかを研究しておくことが大切です。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする