セカンドレシーブが上達するポイント【ソフトテニス】

ソフトテニスのポイントは必ずサービスレシーブから始まります。
このためサービスレシーブの出来が試合の勝敗を左右します。

レシーブゲームでは、セカンドレシーブをいかに攻めて、ポイントにつなげるかがゲームを取れるかの境目になります。

レシーブゲームを奪取するためには、相手が威力を緩めて入れにきたセカンドサーブを攻める技術がカギを握ります。

今回は、セカンドレシーブの技術的なチェックポイントを紹介します。

ボールに詰めて打つ!

セカンドレシーブでは特に、ボールに詰めて、打点を上げることが重要です。

セカンドレシーブはネットに近い所で打つためネットのリスクが高まります。
打点を上げて高い所からストロークすることでミスが減らせます。

レシーブの威力を上げるためにも、ボールに詰めることが有効です。ボールに詰めることで相手コートに近い位置から、高い打点で打つことができます。また、サーブの勢いを活かして、速いレシーブが打つことができます。

打点を上げて、安定性と威力を兼ね備えたセカンドレシーブを身に付けましょう。

サーブのコースを先読みしよう

サーブコースを予測し、いち早く打点に着くことができれば、厳しいレシーブを打つことができます。

少しでも早く打点に着くために、トスやサービスのフォームの違いを察知します。上手い選手でも狙うコースによって、サービスフォームは変化するので、それを読み取ります。

打つ前にある程度予想しておくことで、早くスタートが切れ素早く打点に着くことができます。時間にすればわずかな違いですが、その差がレシーブの精度と威力を左右します。

先読みする能力は全てのプレーで求められますが、レシーブにおいては特に重要な要素といえます。

コンパクトに振りぬく

レシーブのラケットスイングは、コンパクトに鋭く振りぬくことがポイントです。

レシーブはネットに近く、アウトやネットしやすいです。大振りせずに、相手のボールの勢いを利用して、速いボールを打つ意識で打ちます。

またコートにおさめるには、しっかりとボールに回転がかかる必要があります。思い切ってラケットを振りきることで自然な回転が加わります。

“コンパクトに振りぬく”を意識しましょう。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする