【ソフトテニスの基本練習】乱打をバージョンアップしよう

乱打はどのチームでも必ず行う練習です。練習のたびに行うことでしょう。

このため乱打の練習の質が、ソフトテニスの上達のスピードに大きく影響します。どの技術を上達させたいのかはっきりさせて、目的意識を持って取り組むことが大切です。

今回は、乱打のバリエーションを紹介します。打つボールを制限することで、練習の目的が明確になります。通常の乱打とともに取り入れると効果的なメニューです。

ロブ乱打

ロブ乱打は、ロブだけで打ち合う乱打です。

%e3%83%ad%e3%83%96%e4%b9%b1%e6%89%93

身体全体で大きな軌道でボールを打つ乱打です。野球の“遠投”にあたる練習で、大きく体全体を使って打つことが身に付きます。

ロブ乱打は乱打練習の初めに取り入れると良いです。いきなりシュートボールで打ち合うと、スピードに体全体が追い付かずに、小手先での対処になりがちです。

ロブ乱打から徐々にシュートボールの乱打に切り替えていくことで、速いボールにも体全体を使って対応できるようになります。

ロブ乱打から入り、段階的に体をほぐしていくことが大切です。

トップ打ちVSロブ乱打

トップ打ちVSロブ乱打では、一方のプレイヤーは全てトップ打ち、もう一方は全てロブで返します。激しい練習なので、十分に体をほぐした状態で行うと良いでしょう。

この練習は、攻守がはっきりしています。一方はトップ打ちで攻める練習で、もう一方は打ち込まれとボールをロブでしのぐ練習です。役割が明確で、目的意識が持ちやすい練習です。

%e3%83%ad%e3%83%96vs%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%88

ソフトテニスの試合では深く厳しいシュートボールで攻められたら、ロブで前衛につかまらずに一本返すことが必要です。

トップ打ちVSロブ乱打は、こうした場面を切り取った練習です。攻める方は有効打を打って決めてしまう意識で、守るほうは深くて高いロブで返すことを心がけます。

バック乱打

バック乱打はバックハンド同士で打ち合う乱打です。

「バックを攻める」はソフトテニスのセオリーの一つになっています。それぐらいバックハンドを苦手とする選手は多いです。

バックハンドが苦手な原因は、日々で打つ球数が少ないからです。フォアに比べると、バックハンドを打つ本数はどうしても少なくなってしまいます。

そのため、意識的にバックハンドを打つ機会を増やす必要があります。だからこそ、バック乱打でバックを打つ本数を増やすことが大切なわけです。

バック乱打では相手のバック側を狙って、お互いに一本でも多くバックを打つようにしていきましょう。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする