素振りで理想のフォームを身に付けよう【一人でできるソフトテニスの練習】

威力のあるボールを打つためには、理想的なフォームを身に付けることが必要です。

素振りは、理想的なフォームを作るために最初に取り組むべき練習です。ボールに合わせずに理想のフォームでスイングすることができます。まず素振りでフォームを固めることが効果的です。

初心者の人は特に、

素振り ⇒ 手出しの打球練習 ⇒ ラケットだしの練習 ⇒ ラリーを行う練習

と段階を踏んで練習を行うことで、無理なく上達することができます。

素振りでフォームを固めることで、技術を身に付けるための土台ができ、上達のスピードが加速します。

今回は素振りのポイントを紹介します。

体重移動と体の回転を使おう

理想のフォームは、全身の力を無駄なく利用したフォームです。

ポイントは、体重移動と体の回転です。

全身の力を利用するには

体重移動 ⇒ 体の回転 ⇒ インパクト

が連動していく必要があります。

まず体重移動をしっかり行いましょう。体重移動はスイングの原動力になるので、しっかりと地面を脚で押して、エネルギーを得ます。

つぎに体の回転です。“体重移動のエネルギー”を“体の回転のエネルギー“に変えるために、左足でカベを作ります。

体の左側に壁があるようなイメージで体が流さずに、左足で踏ん張ります。カベを作って体重移動を受け止めることで、鋭い回転の力が生まれます。

体重移動でエネルギーを生み、そして左足の踏ん張りでカベを作って、鋭い回転でラケットにエネルギーを伝えましょう。

オススメの練習法 タオルで素振り

体重移動 ⇒ 体の回転 ⇒ インパクト の運動連鎖を身に付けるおすすめの練習は、タオルを使った素振りです。タオルの先に結び目を作り、スイングします。タオルの長さは、ラケットより少し長いモノが良いと思います。

結び目のある先端が遅れてきてインパクトで伸びた状態になる感覚が身に付きます。運動連鎖ができていないと、インパクトの瞬間にタオルが伸びた状態になりません。運動連鎖が正しく行えているかチェックしながら、感覚を磨くことができるのでトライしてみて下さい。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする