形勢を逆転する!打ち込まれた時の対処法【ソフトテニスの戦術】

深いボールを打ちこまれた時はピンチです。深く厳しいボールの対応は、そのポイントを握る重要な場面となります。

いかに相手の攻撃を凌いで、チャンスを作り出すかが重要です。あるいはリスクを負って攻め返すことも考えられます。

今回は、打ち込まれた時の対処法を見ていきます。

大きなロブでしのぐ

深いボールに対して大きなロブを相手の後衛の前に上げてしのぐ、という方法です。

相手前衛につかまらないようにしっかりと後衛前につなげることが大切です。相手の前衛にコースがばれないようにどの方向にでも打てるテイクバックを見せておいてからロブを上げる必要があります。いかにもロブを上げる態勢からロブを上げてしまうとコースがバレバレになるので注意します。

ロブの基本に立ち返り、膝の曲げ伸ばしを利用してボールを持ち上げるように打っていきましょう。またラケットをしっかり振り切り回転を変えることも大切です。

カウンターでサイドパスを狙う

打ち込まれた時に、サイドパスで自ら攻撃し返す方法もあります。

深いボールに対して、相手前衛は攻撃を仕掛けるために動くことが多いのです。相手前衛が動くのに対応して、スキをついて攻撃すると効果的です。

余裕のない状況で攻撃する分、リスクをともないますが、一打で逆転できます。勝つためには思い切った攻撃も必要です。

深いボールに応じたサイドパスでは、相手のボールの威力を利用します。踏み込んで打つ余裕はないので、体の回転でボールを打ちます。高い打点で打ち、カウンターの要領で相手のボールのスピードを利用して打つのがポイントです。

中ロブで展開を変える

打ち込まれて下がりながら打つような状況では、ロブを上げやすくなります。相手前衛の頭越しの中ロブで、展開を変えて仕切り直す方法がります。

ただし、スマッシュを追われてしまうと大ピンチなので、前衛の動きを見て、ばれないように配慮して打つ必要があります。上手く中ロブが決まれば相手の陣形を崩すこともできます。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする