ショート乱打でコントロールを身に付けよう【ソフトテニスの練習法】

ショート乱打はストローク技術を磨くうえで欠かせない練習です。

サービスラインの長さでボールを打ち合うことで、打球の調整力ラケットセンスが磨かれます。ショート乱打は、ベースラインで打ち合いでは身に付けることのできない能力が身に付く練習をいえます。

今回はショート乱打で重要なポイントを紹介します。

ラケットを抜く感覚を身に付ける

ストロークの長短の調整はボールを押す技術と、ラケットを抜く技術の2つがポイントです。ショート乱打ではラケットを抜く感覚が身に付きます。

ボールを押す技術は長いボールを打つために必要な技術です。

長く打つためには、フラットにラケットを当てて、ボールを押しこむように打ちます。長い時間ラケットでボールをインパクトしてボールを押すイメージです。

一方、ラケットを抜く技術は、短いボールを打つために必要な技術です。ボールを押さずに、ラケットが上に抜けていくこと、推進力が失われる分、ドライブ回転をかかかります。

ボールを短くするためには、ラケットでボールを押すのを減らし、その分“ラケットを抜く”ようにすれば良いのです。 ”ボールを押す”のと、“ラケットを抜く”ことのバランスを調整することで、ボールの長短の調整することができます。

ショート乱打では、ベースラインの打ち合いでは身に付きにくい“ラケットを抜く技術”を習得できます。ラケットを抜く感覚を意識して練習してみて下さい。

シンプルな動きの中で基本を反復する

ショート乱打は相手との距離が短い分、シンプルなラリーになります。

ベースラインで打ち合う乱打は、フットワークする移動距離も長く、スイングも大きいため、動作は複雑です。技術的なチェックポイントを全て意識して練習することは、なかなか難しいです。

一方、ショート乱打の動きはとてもシンプルであり、ラリーも続きやすいので、チェックするのに最適な練習です。自分の手に収まる範囲での動きが中心なので、動作をすべて把握しやすく、無駄のあるフットワークやスイングを見直すための効果的な練習であると言えます。

効率的な動きを求めることは上達の近道なので、基本のチェックとしてショート乱打はおすすめの練習です。練習メニューの中に組み込み意識的に練習すると良いでしょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする