【ディフェンスボレー】アタック止めの3つのポイント【ソフトテニス】

ディフェンスボレーは、相手が前衛にぶつけてきたときに自ら壁となって、ボレーで弾き返す技術です。

一本止めることができれば、「アタックが通用しない!」と相当なプレッシャーを与えることができます。今回はでフェンスボレーのポイントを見ていきます。

コースに体を入れる

相手が近距離から打ち込んでくる状況なので、体が縮こまり、腰が引けてしまいがちです。しかし、体を入れてコースをふさがなければ、ボールを弾き返すことができません。

コースにしっかりと体を入れることが大切です。

この時、ネットに十分に詰めるようにします。ネットに詰めることで、相手コート返りやすくなり、カバーする範囲も広がります。

上からボールを見る

ボールを上から見て、相手のスピードボールを押さえることが重要です。

打ち込むボールから気持ちが逃げてしまうと、頭が下がってボールを下から見る形になってしまします。こうなるとラケットが弾かれ上手く返せません。

自分を狙って打ち込んできた状況でも恐れずに上からボールを見て抑え込むことで、より確実にディフェンスすることができます。

ラケット面を作ってタイミングよく合わせる

ディフェンスボレーでは、近距離から打ち込まれる状況なので、時間の余裕がありません。

自分から打つというよりも、ラケット面だけ作って当てることに神経を集中します。相手のボールの勢いが十分にあるので、タイミングを合わせ上手く面を合わせればボールが飛んでいきます。

形は悪くともネットに詰めて面を作ってボールを当てることができればディフェンスすることができます。リラックスしてタイミングを合わせ、面に当てることに意識を集中しましょう。

まとめ

ディフェンスボレーの技術は、ボールに立ち向かう勇気が前提となっています。

近距離から打ち込まれるボールを恐れないためには、“慣れ”が何より必要です。

ディフェンスボレーの練習としては、最初はゆっくりのボールから始めることをオススメします。徐々にスピードを上げて、実際のボールに近づけていくことで徐々に目や体を慣れていき、スピードボールにも対応できるようになっていきます。

近くからのスピードボール怖くなくなれば、ディフェンスボレーが得意になります。ぜひトライしてみて下さい。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする