高速サービスをリターンするための3つの工夫【ソフトテニス】

ソフトテニスでは、ラリーの形勢がサーブレシーブで大きく決まります。

そのため高速サーブをバシバシ決めてくる相手には、強敵です。強力なサーブに対応できないと、常に不利な状況に押し込められてしまいます。

こうしたサービスを武器とするような相手には、上手くレシーブして互角以上にできないと、ブレイクして勝ちをつかむことはできません。強力なサーブでも上手くレシーブするためには、それなりの工夫が必要です。

今回は、強力な高速サービスをリターンするための3つの工夫を紹介していきます。

コンパクトに振る

速いサービスにはコンパクトにラケットを合わせること何より効果的です。

速いサービスは軽く合わせるだけで、スピードボールで返すことができるので大振りは必要ありません。

また、速いサービスに対してミスの多くが、振り遅れやラケットに上手くコンタクトできないなどの時間が足りないことによるミスです。

コンパクトにスイングすることで速いサービスに対しても余裕をもってラケットを振ることができます。コンパクトに鋭くスイングするために次の2点をチェックしてみて下さい。

  • テイクバックを短くする。
  • 体の回転を利用して打つ。(踏み込んで体重移動する動作を少なくする。)

ラケットを短く引いて、回転で打つ意識でレシーブすると良いでしょう。

厳しいときは、ポジションを下げる

相手のサーブが速くてどうしても取れないときには、ポジションを後ろに下げるという手があります。2歩ぐらい下げると、かなり取りやすくなるはずです。

本当に強いサーブを打つ相手には、まずはサーブを返してラリーに持ち込むのが先決です何とか粘ってラリーに持ち込めれば、勝機はあります。

強力なサービスでも、ミスせずに返せば相手にプレッシャーをかけることができます。もっと良いサーブを打とうとして、自滅する可能性も考えられます。

強力なサーブでも確実に返球することを繰り返せば、少しずつ勝機が見えてきます。

ライジングでカウンターを狙う

速いサービスに前に詰めてライジングで合わせると、強力なカウンターショットになります。

速いサービスにライジングで合わせると、相手前衛が反応できないテンポとスピードのボールになります。

相手のファーストサービスがスピードはあるがコースが甘く、フォアで合わせられるような場合が狙い目です。

カウンターが決まれば、一撃で決まりうる強力なレシーブになります。機会を見極めて、効果的に狙っていきましょう。

カウンターは一球見せておくだけでも効果があります。

カウンターを見せておくことで、「コースが甘いか?」、「また速いレシーブが来るか?」というような不安を植え付け、相手に迷いを生むことができます。

駆け引きとして一球打っておくと、相手にプレッシャーをかけることができるでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする