ツイストでチャンスを生み出そう【ソフトテニス】

ツイストは、ネット際にスライス回転で短く落とすボールです。前後の揺さぶりをかけるための有効な手段になります。

相手の予想を裏切るタイミングで、ツイストを織り交ぜることができれば、相手の態勢を大きく崩し、チャンスを生み出すことができます。今回は、ツイストのポイントと効果的な戦術を見ていきましょう。

ツイストを打つためのポイント

ツイストの打つためのポイントは、ラケットをねかせ、ラケット面を薄く当てて、ボールを切ることです。薄くラケットを当てると、スライス回転を加わり、ボールの推進力も弱まるので、短くて弾まない効果的なツイストショットを打つことができます

また、通常のストロークと同じテイクバックから、ツイストに切り替えて打つことも重要です。バレバレのテイクバックからツイストを打ってしまうと、相手に察知されて上手く拾われてしまい効果がありません。

通常のストロークのテイクバックを見せておいて、瞬時にツイストに切り替え、相手の意表を突くことがツイストの効果を最大限引き出すための重要なポイントといえます。

ツイストを使った戦術

ツイストは長いボールと組み合わせて使うことで効果を発揮します。

長いボール ⇒ ツイスト

長いボールを続けて打って相手をベースラインの後ろへ下げることができた後に、ツイストが使えると効果的です。揺さぶる距離が大きくなるし、なにより相手の意表を突くことができ反応が遅れます。

ツイスト ⇒ 長いボール

ツイストで相手を前におびき出した後に、長いボールを打つのも有効な攻撃です。前におびき出された相手は、中途半端なポジショニングになります。そこへ長いシュートボールで攻め込むことでポイントのチャンスが生まれます。またツイストがとても短く決まり後ろにオープンスペースができた場合にはロブで頭上を抜く攻撃も考えられます。相手の陣形を大きく引っ掻き回すことができるでしょう。

まとめ

ツイストでは長いボールと組み合わせて使うことで前後の揺さぶりが可能になります。左右だけでなく前後に揺さぶりができれば、相手陣形を大きく乱すことができます。上手くツイストを活用してみて下さい。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする