【前衛】スマッシュを決めるための3つのポイント【ソフトテニス】

スマッシュは最も攻撃的で、華のあるプレーの一つです。

スマッシュを決められるかでゲームの流れは大きく変わります。確実に決めればゲームの流れを引き込むことができます。

しかしスマッシュを確実に仕留めることは簡単ではありません。ミスなく確実にスマッシュを決めるためには、無駄のない自然な打ち方を身に付けることが重要です。

いくつかの基本を押さえることで無駄のないフォームを身に付けることができます。今回はスマッシュの基本練習ですぐに実践できるポイントを紹介していきます。

素早く落下点に入る

ボールの落下点に素早く入ることができれば、スマッシュは簡単になります。ボールの軌道を予測して落下点に先回りすれば、余裕をもってラケットを振れます。

ヘディング練習

落下点に素早く入る練習として、ヘディング練習がオススメです。スマッシュする代わりにヘディングを行います。落下点に正確に入らなければヘディングできないので、落下点を予測する良い練習になります。

構えは携帯電話

テイクバックはラケットを体に寄せて、右肩に担ぐような姿勢を取ります。

イメージは、携帯電話を耳に当てる動作です。テイクバックでラケットを高く上げておくことで、スムーズにスイングを移行することができます。

ラケットを放るように大きくスイング

スマッシュでは打点を体から十分に離して、大きな軌道でラケットを振ることが大切です。イメージとしては、ラケットを上に放り投げる動作です。

またスイングにおいては、上に向かって振ることがポイントです。サービスと同様に、下に向かって振るとネットが増えてしまいます。上に向かってスイングする中でインパクトを迎え、自然とラケットが下りていくのが理想的なスマッシュのフォームです。

タオルでスマッシュの素振り

スイング軌道をつかむための練習としてタオルを使った素振りがオススメです。

タオルの一端に結び目を作り、もう一端をもってスイングをします。結び目の遠心力を感じながらスイングを繰り返すことで、無駄のない大きなスイング軌道が身に付きます。結び目の重みを感じながらスムーズにタオルを振るのがポイントです。

 肩の入れ替えでスイングを加速しよう

左右の肩を入れ替えてスイングすることで、全身を使った力強いスマッシュになります。

テイクバックでは左肩が前で、スイングとともに両肩の入れ替えを行い、フォロースルーで右肩が前に出るという形でスイングします。肩の入れ替えを上手く使えば、体の回転を使った鋭いラケットスイングができるので、少ない力で威力のあるスマッシュを打つことができます。

肩の入れ替えが上手くできるためには、先ほどの“携帯電話の構え”と“大きなスイング軌道”がポイントになります。合わせて取り組んでみて下さい。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする