【ソフトテニスの練習法】キャッチボールのすすめ

サービスやストロークのスイング動作の基本を、キャッチボールから学ぶことができます。

サービスやストロークでは、体重移動体の回転を連動させて、手先を加速させる運動連鎖の動きがスムーズに行えるかがポイントになります。この運動連鎖を身に付けるための効果的な練習がキャッチボールです。

キャッチボールの投球動作では、ラケットを使わない分、体の使い方が重要になります。運動連鎖が上手くできないと、良いボールを放ることはできません。キャッチボールを行うことで、効率的な体の使い方が自然と身に付きます。

効果的にキャッチボールを行うためのポイントを今回は紹介していきます。

キャッチボールのチェックポイント

基本を理解し、理想的なフォームをイメージしながら行うことで、練習の質が高まります。キャッチボールのチャックポイントを確認していきましょう。

体重移動

体重移動を十分に行い、体全体を使って投球します。はじめ右足一本に全体重を乗せて、投球を始め、体重移動を行い、左足一本に全体重を移してフィニッシュします。

腰の回転

体重移動と連動して腰を鋭く回転させます。腰をしっかりと回して、大きなフォームで投げることを心がけます。

体の軸

身体の軸は投球動作の開始から終わりまで、地面と垂直になるようにバランスを取ります。軸が垂直に立つことで、効率的にボールに力を伝えることができます。

肘を上げる

肘を高く上げることで、体の回転のエネルギーを肘の先端まで上手く伝えることができます。肘の高さはボールをリリースするまで、肩のラインよりも上を保ちます。

利き手と逆手でもキャッチボールしてみよう

キャッチボール練習の中に、利き手と逆手のキャッチボールも取り入れましょう。

 

ソフトテニスでは利き手以外でスイングすることはないので、どうしても体のバランスが偏ってしまいがちです。体のバランスが崩れると、全てのプレーに影響が出てしまいます。

バランスを修正するために、利き手と逆のキャッチボールがオススメです。キャッチボールの中に少し取り入れるだけでも、体のバランスを修正する上で効果を発揮します。

逆の手でも体全体を使って、大きなフォームで投球することを心がけましょう。

まとめ

キャッチボールは、コートがなくても、ちょっとしたスペースがあれば取り組むことができます。ボールはソフトテニスのボールでも、カラーボールでも構いません。ソフトテニスの土台となる動きが身に付く練習なのでぜひ取り組んでみて下さい。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする