ライジングショットを打つ方法【ソフトテニス】

バウンドしたのぼり際でボールを打つのが、ライジングショットです。威力があり、攻撃性の高いストロークです。

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%b0

ふつうのストロークではバウンドした最高点から落ちた所を打ちますが、ライジングショットでは、最高点や上り際でボールを打っていきます。

ライジングでボールを打つことができれば、格段にストロークの威力は高まり、相手にとって脅威となります。ボールとの距離をつめて、早いタイミングでボールをとらえる分、高度な技術ですが、有効に打つことができれば効果は絶大です。

今回はライジングショットの強みと、ライジングで打つためのポイントを見ていきましょう。

ライジングショットの強み

ライジング打つことには攻撃面でいくつかの強みがあります。

相手の時間を奪う

ライジングショットでは早いテンポでボールをとらえます。相手が態勢を立て直し、十分に準備を整えるための時間を奪うことができます。相手の余裕を奪うことでミスを引き出すことができ、優位にゲームを進めることができます。

少ない力で速いボールが打てる

ライジングショットでは相手のボールのスピードを利用してボールを打つことができます。相手のボールの勢いがある上り際で打つため、カウンターで少ない力で速いボールが打つことができるわけです。

角度をつけやすくなる

ストロークでは、前に出てコートの内側で打つほど角度がつけやすくなります。ライジングショットでは通常より前に出てストロークするため、角度のついたボールが打ちやすくなります。このため、鋭角で決定力のあるストロークを打つことが可能になります。

ライジングショットのコツ

ライジングショットのポイントはつぎの二点です。

  1. コンパクトに打つこと
  2. 打点を前にすること

ライジングショットでは相手の時間を奪いますが、自分がボールを打つまでの時間も少なくなります。そのため大振りせずに、相手の力を利用するつもりでコンパクトにボールをヒットしていくことがポイントです。

またライジングショットでは、通常よりボールへ詰めていくことが必要になるので、打つ時に体とボールの距離が近くなってしまいがちです。前に出ながらも、体の軸と打点を遠くして打点を前にすること意識が重要です。

まとめ

ライジングショットを身に付けるためには早いテンポに慣れることが大切です。意識的にテンポを少しずつ早めて攻撃力のあるストロークを身に付けてみて下さい。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする