切れ味の鋭いショートクロスを身に付けよう【ソフトテニス】

ショートクロスは、クロスの鋭角なコースに短く打つストロークです。

切れの良いショートクロスはラリーを一打で決める決定力があります。また左右だけでなく、前後の揺さぶりをかけることができ、戦術的にも効果的なボールです。しかしながらショートクロスは諸刃の剣です。ショートクロスは中途半端に打つと、短いチャンスボールになってしまうので、攻め返されて手痛い反撃を受けることになります。

ショートクロスを打つと決めたら、ラリーを決めるつもりで切れのある鋭角なボールを打つ必要があります。今回は、切れ味の鋭いショートクロスを打つためのポイントを見ていきます。

【戦術的なポイント】コースとタイミングが重要!

【狙いはサイドライン】

ショートクロスを打つ時の狙いはサイドラインです。サイドラインを横切るようコースで打つことで、ボールが相手から逃げていく軌道になり、決定力のある鋭角なボールになります%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9

【タイミング】

ショートクロスは長いボールと組み合わせて使うことで効果を発揮します。

ショートクロスを打つ効果的なタイミングは、長いボールで相手のポジションを下げた後です。長いボールの後は、ポジションが下がっていて意識も長いボールへ向いているので相手のウラをかきやすくなります。相手の出だしを一歩遅らせることが重要なのです。

【技術的なポイント】“体の回転”と“ラケットの抜き”

ショートクロスを打つには、相手のボールの勢いを吸収して、そして自分は必要以上にボールに力を加えないことが必要になります。

そのためには体の回転ラケットの抜きが重要な技術になります。

【体の回転】

通常のストロークでは、体重移動をしてボールが前に進む力を加えて、深いボールを打っていくことになります。

ショートクロスの場合には、ボールの前進する力を抑えて打つために、体重移動よりも体の回転を重視して打っていくことになります。体の軸を意識して、コマのように回転して打つイメージで打つと良いです。体の回転を重視して、スイングをコンパクトにすることを心がけましょう。

【ラケットの抜き】

ショートクロスでは、“ボールを押す”ことを少なくし、“ラケットを上に抜く”ことを重視します。ラケットを抜くことで、ボールの勢いを抑えることができます。

長いボールを打つ場合には、長い時間ボールとラケットをインパクトさせ、ボールを押すようにして打っていきます。一方、短いボールを打つ場合には、ボールを押さずに、ラケットとボールが接触する時間を短くし、ラケットを上に抜くようにしてフォロースルーをして打っていきます。

ショートクロスでは、“ラケットを上に抜く”ことによって、ボールの推進力を抑えて、短いコースにコントロールします。ボールとラケットのインパクトを意識的に調整すること重要です。

まとめ

ショートクロスは有効に利用できれば、ラリーの決定力が強化できます。また前後の揺さぶりによって、戦術の幅が広がります。ポイントを意識して、切れ味鋭いショートクロスにトライしてみて下さい。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする