コースを読まれずに打ち分ける方法【ソフトテニスの基本】

相手に予測されずにコースに打ち分けることができれば、優位にゲームを展開することができます。

同じコースに打つときでも、予測されずに打つことができれば、相手の出だしを一歩遅らせることができ、有効打になりやすくなります。特に後衛の人は、相手の前衛にボールを触らせないために、コースを読まれないのは重要なことです。

今回は、コースを読まれずにストロークするためのポイントを見ていきます。

テイクバック

【シュートもロブも打てる態勢を】

コースを読まれないためには、どこへでも打てるテイクバックからスイングしていくことがポイントです。テイクバックは常にシュートボールが打てる態勢を作って、そこからシュートやロブを打ち分けていくことが重要です。

いかにもロブを打つテイクバックをしてしまっては相手前衛に捕まりやすくなってしまいます。相手後衛にも十分に準備をされてしまうことでしょう。

毎回、どこへでも打てるテイクバックをすることで、相手は実際にボールが打たれるまでコースを予測させず、反応を遅らせることができます。

【ミドルへ打つつもりで体をひねる】

また、テイクバックは“ミドルへ打つつもりでラケットを引き、体をひねっていく”ことが重要です。肩の入れが浅すぎたり、逆に肩を入れすぎたりしてしまっては、全てのコースに等しく打つことが難しくなります。クロスへもストレートへも打てる適度なテイクバックをすることが理想的なのです。

フットワーク

コースを読まれないためには、“止まって打つこと”が重要です。

打点まで走って移動して、そのまましっかり止まらずに打ってしまうと、走ってきた方向に体が流れてしまうので、コースが読まれやすくなります。走ってきた体の勢いを、一度リセットしてからスイングしていくことでコース読みづらくすることができます。

打点

“打点を高く”することでコースを読みづらくすることができます。

打点が下がると、スイングが大きくなり、ラケットを振る時間も長くなるので、相手前衛にフォームをじっくりと観察されてしまいます。結果として、コースが読まれやすくなってしまうことになります。

前衛はラリー中、相手の後衛のフォームを観察して、コースが読めたらポーチを仕掛けたり、スマッシュを追ったりしています。常にポイントを決める機会をうかがっていますので、打点を下げてしまうとチャンスを与えてしまうことになるでしょう。

打点を高く打っていくことができれば、相手にコースを読み勝負を仕掛けチャンスを与えずに、攻撃を仕掛けていくこと可能になります。

まとめ

コースを読まれずに自在に打ち分けていくことは、ゲームに勝つための重要な技術です。練習では意識しないとどうしても、打ちたいコースに打ちやすい楽なフォームで打ってしまいがちです。ポイントを意識しながら練習を行っていくことが大切です。

コースを読まれないことは、試合において強力な武器になります。意識的に練習して身に付けていきましょう。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする