【目的別】乱打のバリエーション【ソフトテニスの基本練習】

乱打はストロークの基本が詰まったソフトテニスの定番の練習です。

乱打はオーソドックスな練習ですが、工夫次第で身に付けたい技術に特化した効果的な練習にアレンジすることができます。目的が明確になることで自然と技術習得への集中力も高まり、練習の効果も大きくなることでしょう。

今回は通常の乱打にアレンジを加えた乱打の練習方法のバリエーションを紹介します。通常の乱打とともに日々の練習に取り入れると効果的な乱打のメニューを3種類紹介していきます。

ライジング乱打

速いテンポでボールを打つライジングの技術を身に付けるための目的とした乱打です。

練習方法

お互いにベースラインより一歩以上は後ろに下がらないでに、ラリーをします。深いボールが来ても、全てライジングで打つようにします。このルールによって意識的にライジングを打つ機会を増やすようにします。

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%b0%e4%b9%b1%e6%89%933

ポイント

ライジングで打つ時のポイントはつぎの二点です。

  1. コンパクトに打つこと
  2. 打点を前にすること

ライジングでは体の回転を利用してコンパクトにスイングすることを心がけます。また、通常よりも打点は前にすると上手く打ち返すことができます。

ライジング乱打では、深いボールが来ても下がらずにボールに詰めて打つことで、いつもとは違った打ち方をすることが必要になってきます。いろいろな打ち方で柔軟にボールに対応することが求められ、ボールへの対応力を高めることができます。少々打点をずらされてもうまく調整する力を身に付けることができます。

V字乱打

V字乱打ではコースの打ち分けの技術を身に付けることができます。

練習方法

2対1で、V字で乱打をします。1人の方のプレイヤーは2人のプレイヤーのどちらかに返球し、ラリーを行います。

v%e5%ad%97%e4%b9%b1%e6%89%934

ポイント

V字乱打ではボールが飛んできたコースとは違ったコースにボールを打っていきます。相手のコースを悟られずに、打ち分けていく技術を身に付ける練習になります。

試合を想定して、打点に素早く入り、肩を入れて打つことで、直前まで相手のコースを悟られないように心がけます。引っ張る時には打点を前にとり、流すときにはボールを引きつけ、打点の調整でボールを打ち分けていきます

V字乱打では、このように通常の乱打で練習しづらい“コースの打ち分け”の技術を習得することができます。

タッチ乱打

タッチ乱打では、ボールを打った後に定位置に戻り準備をする(リカバリー)を素早くすることができます。

練習方法

ボールを打った後に必ずマーカーをタッチするようにします。マーカーはクロスで乱打するなら、ベースラインとサービスサイドラインの交点などに置くと良いです

%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%81%e4%b9%b1%e6%89%934

ポイント

タッチ乱打を行うことで、打った後に必ず定位置に戻る意識が身に付きます。必ずマーカーにタッチする動作が含まれるので、通常の乱打よりも負荷をかけた状態で、定位置へのリカバリーの技術を磨くことができます。定位置へのリカバリーが速くなれば、ラリーにおいて余裕が生むことができ、球威の向上やミスを減らすことにつながります。

まとめ

今回は、目的別の乱打のバリエーションを紹介しました。こうした目的がはっきりした乱打はチームで目標を共有しやすく、チームの全体の練習で効果を発揮します。また、個人的に習得したい技術がはっきりとある場合にも効果的な練習となるでしょう。目的に応じてぜひ取り入れてみて下さい。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする