【ソフトテニス】ダブル前衛を攻略する3つの戦術

ダブル前衛はネット前に二人が並ぶ攻撃型の陣形です。

ダブル前衛との対戦では、中途半端に返球してしまうと、すぐさま決定打を決められてしまいます。メリハリをつけてコースに打ち込んでいくことが重要です。

%e3%83%80%e3%83%96%e3%83%ab%e5%89%8d%e8%a1%9b

ダブル前衛に有効なコースがいくつか存在します。徹底的にコースを突くことがダブル前衛の攻略のカギです。

今回は、ダブル前衛との対戦で有効な3つのコースを紹介します。これらコースを上手く組み合わせて配球することで、ダブル前衛にも互角以上に戦えるはずです。

真ん中を突く

ダブル前衛には相手2人の真ん中を狙うのが有効です

%e7%9c%9f%e3%82%93%e4%b8%ad%ef%bc%92

2人の真ん中に打つとお互いに譲り合って、お見合いすることでのミスを誘うことができます。真ん中を突くことで、相手の攻撃の力を弱め、優位にラリーを展開できます。

また、真ん中を突くことはミスの確率が少ない攻撃手段です。リスクを抑えながら、相手を不利に追い込むことで、優位にラリーを展開することができます。

このため、ダブル前衛との対戦ではミドルを中心に配球することが重要となります。

頭越しのロブ

不意を突いて頭越しの中ロブを打てれば有効打になります。

%e9%a0%ad%e8%b6%8a%e3%81%97%ef%bc%92

不意を突くためには、ネット前で何本かボレーさせた後に頭上をロブで狙うのが効果的です。

ボレーをさせてネット前を意識させた後に、後ろのオープンスペースを狙うことで相手の思考の裏をかくことを狙いましょう。

足元を狙う

足元を狙うのも有効なコースです。特にレシーブで足元を狙うのは効果的です。

ダブル前衛の多くが、ファーストサービスにカットサーブを使います。カットサーブのレシーブは下手にすくい上げてしまうと、相手のボレーの餌食になってしまいます。そこで低く短く沈めるレシーブが有効になります。

%e8%b6%b3%e5%85%832

足元へ沈めるときのレシーブコースとしてはクロスパスが有効です。上がってくる相手の足元が攻めやすいので、クロスを突いていくと効果的なのです。

このようにカットサーブのレシーブでは相手にぶつけたり、ロブで頭上を狙ったりといったコースと合わせて、足元を狙うコースを上手く使っていくことが大切です。

まとめ

ダブル前衛に対してはメリハリある攻撃を仕掛けることが攻略のカギです。ダブル前衛は攻撃力がある反面、スキが多い陣形です。確実にコースを突いて攻めれば相手のミスを誘い崩すことができるはずです。紹介した3つのコースを上手く組み合わせて意図のあるボールを打つことを意識して戦ってみて下さい。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする