サイドパスを強化しよう【ソフトテニス】

サイドパスは得点に直結する攻撃的なストロークです。後衛が自ら得点できる数少ないプレーのひとつです。

gi01a201409272000

強力なサイドパスがあると相手に印象付けることで、相手前衛の足を止めることができます。相手前衛の足が止まれば、後衛側のラリーを優位に展開できます。要所でサイドパスを決めれば、他のボールがより生きてきます。

今回は、サイドパスの打ち方のポイントと、サイドパスが有効な展開を紹介します。

サイドパスの打ち方のポイント

同じフォームから狙う

どこへでも打てるテイクバックをすれば、相手前衛の裏をかくことができます。ゆったり大きくテイクバックを見せておいてから、鋭いスイングでサイドパスを狙っていきます。

同じフォームから、後衛側のコースとサイドパスを打ち分けてくることを印象付けましょう。相手前衛に迷いを生み、ポーチの足を止めることができます。

思い切って打ち込む

サイドパスを打つと決めたら、高い打点から思い切って打ち込むことが重要です。思い切って打ち込めば、相手前衛にさわられても、ラケットを弾ける可能性が上がります。サイドパスを印象付ける効果も大きくなります。サイドパスを打つ時は勝負をかけるつもりで打ち込みましょう。

余裕のある時は、ボールの後方から前進しながら打点に入り、体重の乗ったサイドパスを打ち込みましょう。前進することで相手前衛への威圧感を与え、より取りづらいボールになります。

鋭角なクロスをサイドパス

相手の角度のあるクロスのボールをサイドパスで逆襲するのは、有効な戦術です。

%e8%a7%92%e5%ba%a6%e3%82%92%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%b9

角度のあるボールに対してのサイドパスは、ネットに近い位置から、前衛から遠い外側を通してパッシングを打つことができます。

もし相手前衛にさわられてしまっても、コート外にはじき出せる可能性が高く、有効なコースです。

相手の深いボールをサイドパス

相手後衛がベースライン際に深いボールを打って来た時は、相手前衛はポーチのチャンスなので飛び出してくることが多いです。

%e4%b8%8b%e3%81%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%91%e3%82%b9

ここで一本サイドパスを打っておくと相手前衛にサイドパスを印象付けることができます。迷いが生まれ、ポーチのスタートを遅らせることができます。

深いボールに対応して、ライジング気味に体の回転を使って鋭いサイドパスを打つことを心がけます。カウンターで強いボールを打つ意識で、コンパクトにスイングしましょう。

まとめ

サイドパスは得点に直結するだけでなく、相手前衛との駆け引きで重要な意味を持ちます。効果的にサイドパスを使えれば、相手前衛の足を止め優位にゲームメイクできます。紹介したポイントと展開を参考にサイドパスの有効な使い方を研究してみて下さい。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする