【ソフトテニス】カウンターショットで形勢逆転しよう

相手のスピードボールを、威力を利用して切り返すショットがカウンターショットです。

リスクはありますが、上手く決まれば起死回生の一発となります。相手に与える精神的なダメージは大きいはずです。

カウンターショットがあることを相手に印象付けることで、駆け引きの上でも有効に働いてくれます。

カウンターが一本あることで、テニスの幅が大きく広がります。今回はカウンターショットの打ち方のポイントを紹介していきます。

 思い切り良くラケットを振りぬく

カウンターショットは、迷わずに思い切ってラケットを振りぬくことが大切です。

カウンターはスピードボールで攻め込まれて厳しい状況から、起死回生を狙うショットです。中途半端に打っては形勢逆転できません。

前衛が出てきてもラケットを弾くつもりで思い切りよく打ち返していきましょう。

コンパクトに鋭く振りぬく

カウンターショットではコンパクトなスイングが重要です。

思い切りよく打つことが重要ですが、大振りではなく鋭くてコンパクトなスイングが適しています。相手のスピードを利用して打てば、少ない力で威力のあるボールが打てるので、大振りする必要はありません。

コンパクトで鋭いスイングでしっかりとミートしていきましょう。

カウンターショットは相手のスピードを利用するために、下がらずに前に詰めて高い打点から打ち返していくことが重要です。ライジング気味にボールをとらえることで、相手のスピードを最大限利用できます。思い切ってボールに向かっていく姿勢が、カウンターショットでは大切です。

ミスしてもよい

カウンターショットは厳しい状況の中で攻め返すショットです。通常は守ってロブでしのぐべきボールを、逆に攻撃を仕掛けていくことになります。リスクは当然大きいので、ミスするものとして思い切って打っていきましょう。

カウンターを試合中のどこかの場面で一本打っておくと駆け引きの上で有利に働きます。一本打っておけば、攻め込まれてもカウンターで切り返してくることを相手に印象付けることができます。この印象が相手に簡単にはポーチをさせないためのけん制として働いてくれます。

まとめ

カウンターショットが打てると攻撃の幅が広がり、駆け引きの上でも有利に働いてくれます。カウンターを試合で一本決めるためには日頃の準備が肝心です。いざ試合で使えるように練習から使ってみましょう。今回上げたポイントを参考にカウンターショットを身に付けてみて下さい。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする