強打の相手を攻略するための3つの工夫【ソフトテニス】

強打で押してくる相手に苦戦した経験が一度はあるかと思います。

強打の相手に気持ちよく打たせてしまうと、威力のあるストロークで試合を押し切られてしまいます。強打の相手に勝つためには、思い通りに打たせないための工夫が必要です。

今回は、強打の相手を攻略するための3つの工夫を紹介していきます。

ゆっくりのボールを打つ

強打の相手には、中途半端なスピードと深さのシュートボールは禁物です。中途半端なスピードボールは強打を打つための絶好球になってしまいます。

そこでラリーでは、ゆっくりで深いボールを使います。中ロブなどで前衛をかわしつつ、ゆっくりのボールでベースライン付近を狙っていきましょう。

ボールのスピードを落とすことによって、中途半端なスピードボールになるのを回避できます。そして、できるだけ深く打っていくことで相手後衛の位置を下げることを心がけましょう。

ゆっくりで深いボールを打つことで、相手の強打の威力を軽減しながら、味方の前衛が勝負を仕掛けるチャンスを作り出すことができます。

攻守のメリハリをつける

ゆっくりで深いボールでラリーを作り、チャンスボールを引き出せた時には、迷わずに攻め切ることが重要です。チャンスボールは攻め切り、攻められない時はゆっくりの深いボールを打つことを徹底していきます。

攻守のメリハリを徹底することで相手に気持ちよく強打を打つ機会を与えないようにしましょう。強打の相手には、攻守のメリハリを徹底してスキを与えずに、少ないチャンスをものにしていくことが重要です。

サーブレシーブで優位を保つ

強打の相手には、サーブレシーブで優位を取ることの重要性は高くなります。

サーブレシーブで不利になるとそのまま押し切られてしまうので、サーブレシーブで互角以上に持っていけるかが勝負の境目になります。そこで重要なのが、ファーストサービスとセカンドレシーブです。ファーストサービスはスピードを多少落としてでも確率を重視し、セカンドレシーブでは攻撃を仕掛けることを徹底し、サービスゲームとレシーブゲームのそれぞれで少しでも優位に立てるように意識していきましょう。

まとめ

強打のある相手を攻略するための3つの工夫を紹介しました。強打のある相手には、ゆっくりのボールでつなぎ、メリハリをつけて攻撃を仕掛けること、サービスレシーブで優位を取ることが重要になります。今回紹介した点を参考にしながら、自分にとってベストな攻略法を模索してみて下さい。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする