前衛モーションの効果的な使い方【ソフトテニスの戦術】

前衛の仕事は、ボレーやスマッシュで得点を挙げることに限りません。

相手の後衛をミスさせて得点することも前衛の仕事といえます。相手後衛を上手くはめることができれば、試合の流れを自分たちのペアへと大きく引き寄せることができます。

相手の後衛をミスさせるための前衛の技術としてモーションがあります。モーションが上手く使える選手は、相手の迷いを生み、ミスを誘うことができます。さらに、モーションによって打つコースが誘導できれば、得点を決める上でも大きく役に立ちます。

モーションが上手く使えれば、相手のミスさせることと、自分の得点を挙げることの両面で効果を発揮します。今回は、モーションを仕掛ける上でのポイントを紹介していきます。

相手に見られているかを考えよう

モーションは相手に見られてはじめて成立します。

相手の後衛が、前衛を視野に入れる瞬間にモーションを仕掛ける必要があります。

ラケットを振り出すときには、すでにボールへ目線を落としているので前衛は見えません。その前にモーションをかける必要があります。

したがってモーションをかけるタイミングはテイクバックが完了する少し前ということになります。後衛を観察して、自分を視野に入れていることを感じながらタイミングよくモーションを入れていきましょう。

相手の後衛のタイプを見極めよう

後衛によって、決め打ちの選手と前衛を見て打つ選手がいます。

モーションは前衛を見て打つ選手にこそ効果があります。決め打ちの選手は、前衛を見ないのでモーションをかけても効果がありません。決め打ちの相手にはノーモーションで思い切りよく勝負を仕掛けるのが良いでしょう。

ただし、決め打ちの選手も何本もポーチを決められた後に、前衛を見て慎重に打つ方に切り替えてくることはよくあります。その場合には、こちらもモーションを使う戦術に切り替えましょう。前衛を見始めた相手にモーションで追い打ちをかけて、さらに崩していきましょう。このように状況に応じて、モーションをかけた動きとノーモーションの動きを上手く使い分けていくことが重要です。

モーションを使ってポイントを決めよう

モーションを使った主な得点パターンとして次の2つのプレーが挙げられます。

① ポーチのモーションで誘ってからのデフェンスボレー

ポーチボレーに出ると見せかけて自分のもとへボールを引き込みボレーで沈めるプレーです。%e8%aa%98%e3%81%84

前衛を見てコースを変更してくる相手をひっかけることができます。

このプレーを一本決めれば、ノーモーションでのポーチボレーにつなげていけるので、ゲームを組み立てやすくなるでしょう。

② 棒立ちからのポーチボレー

「ボーッ」っと突っ立っておいて油断させておいてから、ポーチボレーを仕掛けるプレーです。%e6%a3%92%e7%ab%8b%e3%81%a1

棒立ちも相手にしっかり見せることができれば、モーションとしての機能を果たします。棒立ちを見せることで、後衛ラリーの方向へ誘導し、そこへポーチボレーを仕掛けていきます。

動きを入れるモーションはコースを変えさせるために行いますが、棒立ちを見せるのはコースを変えさせないために行っているといえるでしょう。

まとめ

モーションを使った攻撃は練習の中では身に付けにくいものです。実践の中で磨かれるプレーといえるでしょう。ぜひ試合の中で挑戦し、試行錯誤してみて下さい

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする