【前衛】かわしてくる後衛を攻略しよう【ソフトテニス】

前衛を見ながら巧みにかわしてくる後衛は厄介です。決め打ちの選手とは対照的に、前衛を見て陣形のスキを探しながら、いろんなコースに打ち分けてきます。

このタイプの後衛は、相手前衛が動いた方向と逆のコースに配球することができます。前衛を見ながら逆を突くことで、ペアの陣形を崩し、得点を重ねてきます。

このタイプの後衛を攻略するためには、前衛としての駆け引きがカギを握っています。

今回は、前衛を見ながら打つタイプの後衛を、前衛として攻略する方法を解説していきます。

スタートを遅らせる

前衛を見るタイプの後衛は、ボールをギリギリまで引き付けて、前衛が動くのを待っています。このタイプの後衛には「ポジションだけ取って動かない」という選択が有効になります。

動かないとボールを引き付けて過ぎてしまい弱い返球になりやすいのです。この弱い返球に対しては、打たれてからでも余裕をもってポーチに出ることができます。あるいは後衛に任せてもチャンスボールになるでしょう。

「モーションをかけてポーチしない」ことも有効です。このタイプの後衛は前衛の動きに敏感で、ポーチのモーションを入れるだけで前衛の方に打ってしまう可能性が高くなります。

相手後衛が前衛を見るタイプだと分析したら、見られていることを逆手にとって相手をはめるという作戦を実行していきましょう。

中ロブを一本追う

前衛を見るタイプの後衛は、中ロブを巧みに回すこと戦術を好む場合が多いです。前衛が動かないのを確認しながら、頭越しのロブを多用してくるでしょう。

この中ロブに対しては、ゲームの序盤で一本思い切ってスマッシュを追っておくのが、ゲーム全体の駆け引きで有効な戦術になります。一本スマッシュを追っておくと、積極的にロブを取りに来る印象を相手に与え、簡単には中ロブが打ちづらくなります。中ロブの軌道も若干甘めになることでしょう。

相手の中ロブが上手い場合には、追うのは難しくなりますが、なおのこと一本追っておくと後が楽になります。上手い中ロブこそ封じるべきなので、序盤で積極的にスマッシュを追っておくと良いでしょう。

相手の変化を察知する

以上のような作戦がうまくはまり、相手をはめた時に、開き直って決め打ちで打ってくることがよくあります。決め打ちに切り替えてきたら、前衛としては、逆に思い切りよく動き得点を取っていきましょう。前衛を見る打ち方から入って、上手くいかないと決め打ちに切り替えてくる傾向の選手は多いので、上手く対応して復活のチャンスを与えないようにしましょう。

試合では、こうして変化をいち早く察知することが重要になります。前衛を見る戦術を攻略し、決め打ちに切り替えても抑えこむことができれば、相手の選択肢を完全につぶし、逆転するスキを与えずに、試合を運ぶことができるでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする