【ソフトテニス】オススメの乱打の練習法【基本~実践】

乱打はストロークの基本を磨くのに最適な練習です。ストロークのエッセンスが凝縮されているので、数多くボールを打つことで確実にストローク技術が上達します。

さらに乱打は、工夫次第で基本技術の習得のための練習から、試合に近い実践的なメニューに変えていくことができます。

基本練習の乱打から発展して、ルールをプラスした実践的な乱打に取り組むことで、練習と試合のギャップを埋まり、試合で発揮できる技術が身に付くでしょう。

今回は、実践的な乱打メニューを紹介していきます。

ストレートの廊下乱打

練習方法

  • ストレートでラリーを行います。
  • サービスラインとサイドラインの間だけを使ってラリーを行います。

%e5%bb%8a%e4%b8%8b2

ポイント

①コントロールが向上

コントロールが向上するメニューです。普段の乱打ではラリーが続きさえすれば、アバウトに狙ってしまう人が多いかと思います。せまいワクの中を狙うことで自然と狙って打つ意識が身に付き、コントロールが向上します。初めはワクの中に収めるのが難しいかもしれませんが、継続して取り組んでみて下さい。

②ストレート展開に近い

試合中でもストレート展開では、前衛に捕まらずにラリーするためには厳しくサイドライン際に制球する必要があります。特に制限のないストレートの乱打では、コートの3分の1ぐらいの範囲にボールを収めれば良いと考えてしまいがちです実際の試合ではさらに狭い範囲にボールを収めないと通用しないことが多いです。具体的にはストレートとサイドラインの間ぐらいの範囲になるでしょう。せまいワクの中でのストレート乱打は実践的にも重要な意味を持っているといえます。

サービスからの乱打

練習方法

%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%ae2

  • コースはクロスで行います。
  • サービスからラリーを始め、乱打を行います。

※クロスとストレートで計3コース使うと混雑してぶつかりそうになります。コートが足りない場合にはストレート3コースを使って行うと良いです。

サービスは入れるサーブで行います。セカンドサービスや軽めのファーストサービスで打つなどして適時スピードを調整すると良いです。

ポイント

サービスレシーブは試合において極めて重要な技術ですが、その重要性の割に練習量が不足してしまうことが多いです。サービスレシーブの練習の絶対量を増やす上で、サービスレシーブから乱打を始めるのは効果的な練習方法といえます。

ソフトテニスの各ポイントは必ずサービスレシーブから始まるので、サービスレシーブからのラリーに慣れておけば試合において大きなアドバンテージになるでしょう。

まとめ

今回は実践的な乱打メニューを紹介しました。さらに実践的な展開練習へ橋渡しするのに効果的なメニューであるかと思います。基本練習で築いた技術の土台を固めた上で、実践的なメニューに少しずつ取り組むことで、試合で力を出し切れる選手へとステップアップしていきましょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする