【ソフトテニス】ローボレー練習のポイント【前衛】

ローボレーは体の使い方やラケットのさばき方などにコツがあり、前衛の中でも難しいプレーの一つです。

ローボレーは独特の難しさがありますが、練習してコツを掴めば必ず上達します。ポイントを押さえて繰り返し練習することが重要です。

今回はローボレーの打ち方のポイントと、練習方法を紹介していきます。

足さばき

ローボレーのテンポは二拍子です。「イチ、ニー」のテンポで打ちます。

「イチ」で軸足を取り、タメを作ります。フォアハンドならイチで右足に体重を乗せます。バックハンドならイチで左足に体重を乗せます。膝を柔らかく使い、直角に膝を曲げて軸足を作り、腰を落として低い姿勢でタメを作りましょう。

「ニー」で前に踏み出しながらボレーをしていきます。打ちたい方向へ大きく踏み出すことでタメを上手く使って打つことができます。踏み出すときには、体の軸を立てて、腰を入れてボレーをしましょう。踏み出しの時に前かがみになり、上体が倒れてしまうとボールが安定しません。必ず上体を起こして軸を立てることを意識しましょう。

ラケットさばき

ラケットは下から上に振ります。ラケットを腰の前から顔の前まで振るぐらいのコンパクトなスイングを心がけます。ラケットは振り過ぎず、打ちたい方向に面を残すことでボールが安定します。

スイングの時は手首を固定することで面が安定します。手首をこねてしまうとミスにつながるので必ず手首を固定したままラケットを上へ振っていきます。

ローボレーのおすすめ練習メニュー

①手出しのボールをローボレー

まずは手出しのボールをローボレーすることから始めましょう。手出しのボールならじっくりと体の使い方をマスターすることができます。

練習方法

  • 正面からカゴから手出しで球出しを行います。
  • フォアとバック交互にテンポよく球出しをしてもらい10球連続でローボレーします。

ポイント

フォアとバック交互に行いながら、体の使い方のポイントを体で覚えていきます。リラックスした状態で効率的な体の使い方で繰り返しボールを打ち、無意識に理想的なフォームで打てるように反復して練習しマスターしていきましょう。

 

②膝でローボレー

膝のタメとラケット面を残すことを覚えるための練習メニューです。

練習方法

  • 球出しはベースラインからで、プレーヤーはサービスライン付近に球出しされる方向に正対して立ちます
  • プレーヤーは、正対したままノーステップで膝の曲げ伸ばしを使ってローボレーします。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

ポイント

このメニューでは膝のタメとラケットのさばき方を確認しましょう。「ニー」のタイミングで踏み込みがない分、膝のタメが重要になり、タメを作る感覚が磨かれます。

ラケット面は、打ちたい方向に残すことを意識しましょう。球出しの人にラケット面がずっと見えているのが理想です。ラケット面がかぶさったり、上を向いたりすると、面が潰れてしまいます。ラケット面が球出しの人に見えるぐらいに面を残すことを意識しましょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする