バックハンドのポイント【ソフトテニス】

バックハンドを苦手とする人は多いかと思います。

バックハンドラケットを持っている手と反対側でスイングするところに難しさがあります。

しかしバックハンドは一度形を覚えてしまえば、体の使い方や打点がどのボールに対しても同じになるので、迷わずに楽に打つことができます。

今回はバックハンドをマスターする上でのポイントを紹介していきます。

打点

バックハンドの打点は前

バックハンドの打点はフォアよりもラケット半分ほど前です。

フォアでは右肩が打つ方向に対して後ろ側に来ます。一方、バックハンドでは右肩が前に来るため、その分打点が前になります。

バックではフォアよりボールとの距離を多めに取りながらスタンスを決め、打点を前に取るように心がけましょう。

バックの打点は一定

フォアハンドは打点の調整ができ、広い幅の打点で打つことができますが、バックハンドは上手く打てる打点の幅は狭く、一定の打点で打つ必要があります。

バックハンドの軸足は、右利きなら常に右足です。左足から体重移動して右足の上で回転して打っていきます。フォアハンドのように適時、軸足を使い分けることは難しいです。このためバックでは自然と打点の幅は狭まり、一定の打点で打つこと必要となります。

バックでは、自分にとって一番打ちやすい打点を見つけたら、常にその打点で打つように心がけます。どのコースに打つ場合もバックの打点は、ほとんど同じになります。バックの打点はフォアよりもかなり前だということを頭にいれ、自分にとって最適なバックハンドの打点を見つけていきましょう。

スタンス

バックハンドはクローズドスタンスで打ちます。

フォアハンドではボールが来る方向に対して平行にスタンスを取りますが、バックハンドで少しクローズして斜めにスタンスを取ります。ボールが来る方向に対して45°ぐらい閉じると良いでしょう。

%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%b9

バックハンドでスライスがかかってしまう人は、スタンスが平行に近く、体が開いたままスイングしていることが多いです。体が開いてしまうと、ボールを切るようなスイングになり、スライスがかかりやすくなります。バックハンドではボールが来る方向に対してクローズドスタンスで入り、腰の回転を使ってスイングをすることを心がけましょう。

ラケットの使い方

スイングは下から上

バックハンドでは下から上にスイングすることを心がけましょう。テイクバックは左ポケットの前で、フォロースルーは頭の上に抜けていくというように下から上へラケットを振ることが大切です。下から上に振ることで、ボールにドライブがかかり安定します。

フォロースルーでラケットを立てる

フォロースルーではラケットを立てていくようにしましょう。これによって自然なドライブ回転がかかります。フォロースルーでラケットがねてしまうとドライブがかかり過ぎてしまい安定しません。逆にボールを切ってしまうとスライス気味になってしまいます。フォロースルーでラケットを立てることで自然なドライブのかかった安定したボールを打つことができます。

まとめ

バックハンドは一度身に付けてしまえば身体の使い方や打点が一定な分、フォームが崩れにくく、フォームで悩むことはフォアに比べて少ないと思います。一つずつポイントを確認してバックを武器にできるように練習を重ねてみて下さい。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする