【前衛】スマッシュのポイント【ソフトテニス】

スマッシュはポイントを取るプレーです。確実に抑えてポイントを決めたい所です。

スマッシュを苦手とする選手は多いかと思います。距離感が測れなかったり、打点が合わなかったりとハードルになる点を多いといえます。

いくつかのポイントを抑えて練習し、基本をマスターすれば、ミスが少ないスマッシュを身に付けることができます。

今回はスマッシュのポイントを紹介していきます。ポイントを抑えた練習でスマッシュを確実に身に付けましょう。

ステップ

体は横向き

スマッシュできるボールが上がったら、体を横向き(サイドラインと平行)にしてボールを追いましょう。

特に深いボールを追うときには、体は横向きで、足は完全に後ろ向きにして後ろに走ることで早くボールに追いつくことができます。

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%97

体が正対してしまうと、後ずさりするようなバック走になり、上手くボールを追えません。スマッシュでは体は横向きにしてボールを追うようにしましょう。

歩幅を調整する

スマッシュでは打点に入る最後の所で、細かいステップを使うことで、正確に打点に入ることができます。深めのスマッシュを追うときには、はじめは大股でステップして最後細かいステップで調整して打点に入ると良いでしょう。

細かいステップをつかった調整は風の強い日に特に有効な技術です。大きな歩幅から小さな歩幅に切り替えるステップを意識しましょう。

テイクバック

肘を上げる

スマッシュのテイクバックでは、肘を上げることが大切です。

肘が肩のラインよりも高くなるようにテイクバックします。肘を上げ、高い所から、ラケットの重さを使って振り下ろすことで楽にボールへ力を加えることができます。

左手の使い方

左手を高く上げる

テイクバックでは、左手を自分が打つ打点のあたりに高く上げて、ボールとの距離感をはかりましょう。この左手をなるべく早く設定することで、ミスが減ります。

振り出すときに左腕をおろす

ラケットを振り出すときには、上げていた左腕を下すことで、連動して右腕が振り出されます。左腕をおろすことで、右腕のラケットスイングの始動を補助し、スムーズにラケットを振り出すことができます。左腕をおろすと同時に右腕のラケットが引っ張られて振り出される動きをマスターしましょう。

打点

打点は高く

スマッシュの打点は、頭の真上よりも少し前の一番高い所に取ります。

高い所から打つことでミスが減り、威力も上がります。

インパクトをよく見る

スマッシュで多いミスとして、打点から目を離すのが早いために生じるミスがあります。打つ方向に意識が向いてボールから早く目を離してしまうと、インパクトが正確でなくなったり、体が開いたりしてミスが増えます。

ボールとラケット面が当たる瞬間をよく見てインパクトすることが大切です。

まとめ

スマッシュは、距離感やタイミングを計る所に難しさがあり、慣れが必要です。ポイントを押さえて繰り返し練習し、効率よくスマッシュをマスターしていきましょう。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする