スプリットステップで素早く動こう【ソフトテニス】

スプリットステップは早くボールに追いつくための必須のテクニックです。

スプリットステップは相手が打つのに合わせて、小ジャンプをして地面からの反発を利用して素早くスタートする技術です。

上手な選手は効果的にスプリットステップを行い、速く正確なスタートを実現しています。

早くボールに追いつき余裕ができれば、選択肢が増えるので、プレーの幅が大きく広がるはずです。

今回はスプリットステップの基本について見ていきましょう。

脚を開く

スプリットステップでは、大きく脚を開くことが大切です。

ジャンプしながら脚を開き、広いスタンスで着地します。肩幅より2足分ぐらい広い大きめのスタンスを心がけましょう。

大きなスタンスで着地することによって、ある程度、膝が固定されるので、地面からの反発を受けやすくなります。また広いスタンスからは、どちらの方向にもスムーズに動き出せます。

広いスタンスでの着地によって、スタートが切る準備が整うようになります。

ジャンプは小さく

スプリットステップは小さなジャンプを心がけましょう。

高く飛ぶと、体のバランスを崩したり目線がぶれたりする原因にもなります。

脚を開いてバランスを保ったまま、小さくジャンプしていきましょう。「ジャンプする」というよりも、「待球姿勢からパッと開脚する」ぐらいの意識で良いかと思います。

移動方向と逆の脚を蹴りだす

着地と同時に素早いスタートを切るためには、移動方向と逆の足を蹴ることが重要です。

着地後に動きたい方向と逆の足を蹴りだすことで、スタートが早くなります。腰から移動が始まるので、素早くバランスの良いスタートになります。

右にスタートする場合には、着地と同時に左足を蹴るというように、逆の足で蹴ること意識しましょう。

予測して頭を準備する

スプリットステップで、少しでも素早いスタートを切り、予測が重要です

ジャンプしている間に相手を見て予測をたて、どちらにボールが飛ぶのか少しでも察知するように努めましょう。

予測をするつもりで相手を見ることで、自然とボールへの反応が高まります。

まとめ

今回はスプリットステップのポイントを紹介しました。スプリットステップの精度を上げて、早くボールに追いつければ、余裕ができ、質の高いプレーができるようになります。ぜひスプリットステップの基本を見直してみて下さい。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする