【ソフトテニス】レシーブの考え方【後衛レシーブ VS 前衛サーブ】

ソフトテニスのラリーは短く、平均すると6球ぐらいだと言われています。

短いラリーを制するためには、初めの2球であるサービスとレシーブがカギを握ります。サービスレシーブで作られるラリーの形勢により、ポイントの行方が大きく左右されます。

レシーブゲームでは、場面に応じて的確にコースを選択することが重要になります。的確なコース選択により、相手にとってより厳しいレシーブとなります。

今回は、前衛サーブVS後衛レシーブの場面での、後衛のレシーブコースの考え方を紹介します。前衛の方もサービス側の立場で参考にして欲しいと思います。

クロスレシーブ

クロスパス

サービスダッシュする前衛を、ショートクロスでパッシングするコースです。

狙い所としては、次の2つがあります。

①サイドライン際を抜く

②足元を狙い、ミスを誘う

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%b9

サイドライン側を大きく空けてサービスダッシュする前衛に対しては、サイドライン際を抜くのが有効です。ノータッチエースを狙うことができます。サイドが空いていない前衛に対しては、ショートバウンドになるように足元に沈め、ミスを誘っていきます。

前衛にぶつける

クロスレシーブでは、サービスダッシュする前衛に強打でぶつけるコースもあります。

%e3%81%b6%e3%81%a4%e3%81%91%e3%82%8b

正面や右肩を狙うなど、ローボレーしづらいコースへ思い切りよく打ち込みましょう。

一発で決まらずとも、詰まらせることができれば、相手の返球も弱くなるので、チャンスを生み出すことができます。

ミドルレシーブ

ミドルパス

前衛と後衛の間を割ってミドルを通すコースです。

%e3%83%9d%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88

前衛の背中側を通し、相手後衛から逃げていくような軌道で打つのが理想です。“ポケット”などと呼ばれるコースです

ボールの外側を打つイメージでインパクトすると、後衛から逃げる軌道のボールになります。

ミドルパスが通すことができれば、相手の陣形は大きく崩れます。また、相手後衛の返球は、味方の前衛側に流れやすくなるので、味方の前衛が勝負を仕掛けるチャンスが生まれます。

ミドルパスはサイドアウトの心配がありません。前衛よりに浮いたボールとなってしまうと、ピンチになりますが、そこさえ気を付ければ、リスクが小さいわりに攻撃性があり、有効なコースといえます

ミドルの足元

サービスダッシュする前衛の足元を狙うコースです。%e3%83%9f%e3%83%89%e3%83%ab%e8%b6%b3%e5%85%83

相手前衛が右利きなら、ミドルはバック側になるので、足元は有効になります。

ミドルパスでは、前衛の背中を通すように長いボールを打ちますが、ミドルで足元を狙う場合には、ショートバウンドの処理になるような短いボールを打っていきます。

ボールが浮いてしまうと前衛に叩かれてしまいますので、低く沈めることが重要となります。

ストレート

ストレートにレシーブするときは、後衛のバック側を狙いましょう。%e5%be%8c%e8%a1%9b%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e5%81%b4

バックを厳しくつけば、相手後衛の返球に対して味方前衛が勝負を仕掛けるチャンスになります。

このコースに打つと、右ストレート展開になり、優位になります。右ストレート展開では、自分はフォア、相手はバックというラリーになりやすくなるので有利になります。

まとめ

前衛サーブVS後衛レシーブのレシーブコースの考え方を紹介しました。場面に応じて有効なレシーブを使い分けることが重要です。各コースのポイントを押さえて、多彩なコースを使い分けていきましょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする