【ソフトテニス】テイクバックを確認しよう【練習のチェックポイント】

テイクバックは、スイングの起点になります。テイクバックが決まればスムーズにストローク動作に入っていけます。

逆にテイクバックが悪いとフォーム全体が崩れてしまします。ストロークを改善する時に、スイングに意識が向きがちですが、テイクバックを見直すと、フォーム全体が良くなることは多いかと思います。

バランスの良いテイクバックを身に付け、力強いスイングにつなげていきましょう。今回は、テイクバックのチェックポイントを紹介します。

軸を立てる

テイクバックではバランスが重要です。テイクバックでは姿勢を起こして、軸を立てる意識を持ち、バランス良くテイクバックを行いましょう。

バランスが悪い時に多いのが、前傾してしまうパターンです。

前傾してしまうと、下半身の力がボールに伝わらない、回転が上手くできない、など体の機能を上手く使えないスイングになってしまいます。

軸を立てて、バランス良くテイクバックを行いましょう。

早くラケットを引く

打点を前に取るためには、ラケットを早く引くことが重要です。打点が後ろになると窮屈なスイングになります。力強くインパクトするためには、早くラケットを引いておくことが必要になります。

ラケットを引き始めるタイミングは、相手の打ったボールがネットを越えるよりも前です。相手の打ったボールがネットを越える少し前からラケットを引き始め、ボールがバウンドする頃には、テイクバックが完了しているのが理想です。

このタイミングでラケットを引き始めるためには、予測も重要になります。相手のフォームやインパクトに集中して、どの方向にボールが来るかを察知して、少しでも早く反応できることが重要になります。

肩を入れる

肩を入れて体をひねる動作によってテイクバックを行うようにすると、体全体を効果的に使ったスイングにつながります。

腕だけでラケットを引くと腕と身体がバラバラになり、手打ちになりやすくなります。背中の後ろ側へ大きくラケットを引き過ぎてしまう人も、腕だけでラケットを引いていることが多いです。

肩を入れながらラケットを引くことで、腕と身体の連動を保ったままテイクバックを行うことができます。体がひねられることで、ひねり戻しを使った力強いスイングになります。

スイングがバラバラになる人は、腕だけでラケットを引いていないかを確認してみましょう。

まとめ

テイクバックのポイントを紹介しました。威力のあるストロークはバランスの良いテイクバックから始まります。テイクバックがばっちり決まれば、ストロークのフォームも整っていくはずです。ぜひ参考にテイクバックを確認してみて下さい。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする

コメント

  1. Johnd851 より:

    You have brought up a very good details , thankyou for the post. eegecfkabadc

  2. Smithe637 より:

    I really like and appreciate your blog post.Thanks Again. eeceaaefedefbeda