【ソフトテニス】実践的な乱打メニュー【練習】

乱打はストロークのエッセンスの詰まった練習です。日々の練習で多くの人が取り入れていることと思います。

乱打にはストロークのエッセンスが詰まっています。数多くボールを打つことで確実に基本技術が上達するでしょう。

この乱打にさらに工夫を加えることで、試合の中で生きる実践的な練習に発展させることができます。

基本練習で築いた土台の上に、応用技術を身に付けることによって、試合の中で力を発揮できる選手へと成長できるはずです。

今回は、試合の中で生きる2つの実践的な乱打メニューを紹介します。

6本限定乱打

練習方法

  • 6本(3往復)に限定してラリーを行います
  • 6本続いたらラリーを止めて、再びラリーを始めます。

ポイント

6球のうちに、有効打を打つことを意識します。ソフトテニスのラリーは平均6球といわれます。ラリーに打ち勝つためには、6球以内に有効打が打つ必要があります。長くラリーを続けられるコントロールはもちろん大切ですが、実践的には6球以内に有効打を打つ瞬発力が重要なポイントになります。

はじめの6球に集中してラリーを行い、試合で生きる瞬発力のあるストロークを身に付けましょう。

ロブ&カウンター

ラリーのリズムを変える練習です。東北高校で実際に行われていた練習メニューです。

練習方法

  • Aがロブで球出し Bがトップ打ち AがロブBがトップうち Aが切り返して攻める → ・・・  の順番でラリーを行います。

%e4%b9%b1%e6%89%93%e7%b7%b4%e7%bf%92%e3%80%80%e3%83%ad%e3%83%96%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

Aは

  1. ロブで球出し
  2. ロブでしのぐ
  3. 切り返して攻める

Bは

  1. トップ打ち
  2. トップ打ち
  3. カウンターをしのぐ

の順に打つことになります。

  • Aが切り返すと、攻守が入れ替わることになります

ポイント

【リズムを変える】

速いゆっくりゆっくり速いというようにリズムを変える練習です。

ラリーのリズムを変えるのは難しい技術です。ソフトテニスのラリーではリズムを変えずに同じボールで返す方が簡単です。ロブはロブ、シュートはシュートで返す方がミスは少なくなります。

しかしながら、相手のトップ打ちを一球しのぐ、あるいは緩いボールを打ち込むといったリズムを変えるプレーは、勝つためには必須です。練習の中で積極的に身に付ける必要があります。ロブ&カウンターの練習を利用して、リズムを変えるプレーの習得に取り組みましょう。

【カウンターを身に付ける】

ロブ&カウンターの練習では、トップ打ちを切り返して攻めるカウンターと呼ばれるプレーも含まれます。カウンターを覚えると、相手に攻め込まれている時も切り返すという選択肢が生まれます。一球見せておくだけでも、駆け引きの上で効果を発揮します。

カウンターはスイングをコンパクトにしながら、思い切ってラケットを振りぬくことが重要です。意識して身に付けてみて下さい。

まとめ

実践的な2つの乱打メニューを紹介しました。基本とともに実践に近い練習を取り入れて、練習と試合のギャップを埋めることは勝つために大切なことです。ぜひ練習の参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする