【後衛】懐の深いストロークとは?【ソフトテニス】

どんなボールにも対応してしまいそうな雰囲気を持つ選手を見た時に“懐が深い”と表現することがあります。

この“懐の深い”とは具体的にどのような技術を指す言葉なのでしょうか。

今回は、“懐の深いストローク”について考えていきます。

懐が深い選手の共通点

“懐が深い”と感じられる選手に共通しているは、打点に幅があることです。

打点に奥行きがあるように感じた時に、「懐が深い」と表現していると考えられます。

差し込まれたボールへの対応力、ギリギリでコース変更できる柔軟性は、打点の幅によって生み出されいるようです。

では、懐の深い選手は、どのようにして打点の幅を生み出しているのでしょうか。懐の深い選手のフォームの特徴を見ていきましょう。

特徴①:ボールを呼び込む

懐の深い選手の特徴の一つに、“ボールを呼び込む”ことが挙げられます。

テイクバックの後、すぐに前足に体重を移すのではなく、軸足に体重を乗せたまま、一瞬だけ我慢してボールを呼び込めるという特徴があります。

軸足で我慢し、ボールを呼び込むことで、“前足の探り”を使うことができます。“前足の探り”は野球のバッターになどによく使われる表現です。軸足から体重を移すときに、前足の位置やタイミングを調整することを、“前足の探り”などと表現します。

この“前足の探り”が使えると、打点に幅ができ、柔軟な対応が可能になります。これは懐の深い選手の多くに共通する技術といえます。

特徴②:身体が開かない

懐の深い選手は、打つ直前まで体が開かないことも特徴です。

身体が開くと、スイング軌道は円形に近付き、打点の幅が出づらくなります。相手にコースも読まれやすくなるでしょう。

身体が開かないフォームは、スイング軌道が直線に近く、打点の奥行きが出やすくなります。また、ラケットのグリップがギリギリまで後ろに残るので、柔軟なコース変更が可能になります。

懐の深い選手は身体をギリギリまで開かないことで、打点の幅を生み出していると考えられます。

まとめ

今回は懐の深さについて考察しました。懐の深い選手は、柔軟性と対応力による守備的な面でメリットがあるだけでなく、打点をズレても、柔軟に対応し、強打できるため、攻撃面でも強みを発揮します。”懐の深さ”を身に付け、「柔よく剛を制す」のプレーを目指しましょう。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする