【後衛】緩急を活かしたストロークによる戦術【ソフトテニス】

打力のある相手と渡り合うためには、緩急を活かして戦うことが効果的な戦術です。

速いボールと緩いボールを織り交ぜ、自分のボールをより速く見せることができれば、格上に対しても互角に戦えるようになります。

今回は、緩急を使った戦術を見ていきましょう

緩いボールの使い方

速いボールを活かすためには、まずは、相手の意識を緩いボールへ向ける必要があります。

“緩い”ボールとしては、長くてゆっくりのボールが有効です。

長いボールは、相手の後衛をベースラインの後ろにまで下げて、相手のボールが返ってくるまでの時間が稼げます。そのため、味方の前衛が勝負を仕掛けるチャンスが生まれます。

また、ゆっくりのボールは、味方の前衛が十分に間合いを測って勝負を仕掛けることができます。相手の後衛も、ゆっくりのボールを打たれると、時間があるために前衛が視界に入りミスをしやすくなります。

このように、緩急の“緩”としては、長くてゆっくりのボールを打つことが、味方前衛と一体となって相手を苦しめる有効な戦術となります。

%e3%83%9f%e3%83%89%e3%83%ab%e3%83%ad%e3%83%963

緩いボールのコースとして、ミドルロブが有効です。ミドルに配球できると、相手の返球は角度がつきにくく、味方前衛のポーチのチャンスが生まれます。味方の前衛をさらに活かすことができるでしょう。

“急”のボールを使った戦術

“急”のボールは、緩いボールとの組み合わせで効果を発揮します。緩急を活かした2つの戦術を見ていきましょう。

①ミドルに集めてコーナーを突く

ミドルへの緩いロブを多用した後に、コーナーを突くと、相手の逆を突いて一歩相手のスタートを遅らせることができます。

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e5%bc%b7%e8%a5%b2

特にストレート展開で、ミドルを意識させた後に、ストレートのコーナーを強襲するとエースになる確率が高まります。

ミドルへのゆっくりとしたロブに慣らしておいた後に、ストレートを速いボールで突くことができれば、相手は虚を突かれて対応しきれない可能性が高くなるでしょう。

②相手を下げてからのショートクロス

クロス展開で、ゆっくりで長いボールでベースラインの後ろへ十分に下げておいてから、鋭く短いショートクロスを打つのも有効な戦術です。

%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9

相手を下げているという位置的な有利だけでなく、長いボールに意識を向けて相手の反応を遅らせるという効果があり、有効打になる可能性が高くなります。

まとめ

今回は緩急の使った戦術について考えていきました。緩急を巧みに使い分ければ、今あるボールをより効果的に見せることができるはずです。ぜひ挑戦してみて下さい。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする