【陣形を崩す】攻撃的な中ロブを打つための3つのポイント【ソフトテニス】

陣形を崩されて一本しのぎたい時に用いるのが、守りのロビングです。相手コートの深い所へ大きな軌道で返球し、形勢を立て直すボールです。

“守り”として多く用いられるロビングですが、打点の高さによっては攻撃的なショットになり得ます

高い打点から打つ中ロブは、低い軌道の放物線を描き、相手後衛を左右には走らせる攻撃的なショットです。

相手後衛を動かすことで、味方前衛が仕掛けるチャンスを生み出したり、オープンスペースを作り出したりすることができます。

今回は、攻撃的な中ロブを打つための3つのポイントを紹介します。

相手の足を止めるテイクバック

中ロブでは、テイクバックで相手の足を止めることが重要です。

中ロブを打つ場合には、シュートボールと同じ高い位置でのテイクバックを行い、“シュートかロブか分からない形”を作りましょう。

低いテイクバックからすくい上げる打ち方をしてしまうと、早い段階で相手のプレイヤーに「中ロブが来る」と悟られてしまいます。結果として、相手前衛にスマッシュを追われたり、相手後衛に先にコースに走られてしまったりすることになります。

シュートボールと同じ高いテイクバックから打つことで、打つ直前まで相手の動き出しの足を止めることができ、効果的に中ロブをなります。

ボールを運ぶように打つ

中ロブは、ボールを運ぶように打つイメージが大切です。

腰を落とした位置から、膝を柔らかく使いボールを運ぶように打っていきましょう。

軸足(利き手側の足)をバネのように使い、膝の曲げ伸ばしの力を利用してボールを運ぶように打つことが大切です。ボールの上り際をとらえ、軸足で地面を蹴って跳ねるように打っていきましょう。

また、ラケットにボールを乗せるイメージも重要です。ボールの重みを感じながら長い時間のインパクトを意識しましょう。ボールを弾かずに、ラケット面に乗せるように打つことが大切です。

軌道のイメージを持つ

中ロブでは、軌道のイメージを持って、意図してボールをコントロールすること重要です。

相手コート上のどこに落とすかを意識するだけでなく、軌道全体をイメージして打つことで、正確にボールをコントロールできます。ネット上のどこを通すのか、あるいは相手前衛の頭上のどれくらいの高さを通すのかを頭に描くようにしましょう。

まとめ

攻撃的な中ロブを打つための3つのポイントを紹介しました。

高い打点から攻撃的なショットを打つときの選択肢として、中ロブが使えると、広くコートが使えるだけでなく、緩急を使って相手のペースを乱す戦い方ができるようになります。ぜひ試合で活用しながら中ロブの技術を磨いてみて下さい。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする