【プレーの質を高める】ボディバランスを向上させる方法【ソフトテニス】

スピードとコントロールを両立するために、ボディバランスは必須の要素です。

トップ選手の、威力のあるショットも、素早い切り返しも、美しいフォームのストロークも、全て優れたボディバランスの上に成り立っています。

ボディバランスの高めることで、プレーの質が確実に向上するでしょう。

今回は、ボディバランスを高めるためのポイントを紹介していきます。

“止まる”を意識する

ソフトテニスのプレーは、“切り返し走”の連続です。スタートとストップを繰り返す中で、バランスを崩さず、安定を保てるかがプレーの質を左右します。

バランスを保つ上で、止まり方がとても重要です。走ってきた惰性を上手く消化できずにストップしてしまうと、軸を傾けながら打つことになります。

軸を崩されては、上手く回転運動ができず理想的なフォームで打ち返すことができません。切り返しも一歩遅れてしまうでしょう。

したがって、ストップする時には、走ってきた惰性を残さずに止まることが大切です。

それではバランスを維持してストップするためには、どのようなことを意識してプレーすれば良いでしょうか。技術的なポイントを見ていきましょう。

脚を開いてバランスを維持する

ストップする時の技術的なポイントとしては、両足の開くことです。

遠いボールにギリギリで追いついた時には、走ってきたスピードが速く、時間的な余裕もないため、バランスを保ってストップすることが難しくなります。

こうした場合には、大きく両足を開いて止まることでバランスを維持することができます。トップ選手のシングルスの試合を見ると、互いにギリギリのコースへ打ち合う中で、こうした両足を開いて止まるステップが多く使われているのが分かると思います。

余裕がないときほど両足の開きを利用して、安定を維持するようにしましょう。

骨盤のラインと目線を水平に保つ

自分のボディバランスを確認するためのチェックポイントとしては、骨盤のライン目線を確認しましょう。

ストロークも、スマッシュも、サービスも、すべて回転運動によって行われます。身体のバランスが崩れ、骨盤のラインが傾くと、回転運動が上手くできず、ストローク動作がスムーズに行えなくなります。

綺麗なフォームで打つためには、骨盤のラインを水平に保ち、身体の軸を中心に綺麗に回転することが大切です。

また、身体の軸が崩れ、目線がぶれてしまうと、視界の中でボールが動いてしまい、ミスが増えます。ミスの少ないプレーをする上で目線を安定させることも重要なのです。

以上のように、バランスのチェックポイントとして、骨盤のライン目線が水平に保つことを常に意識しましょう。ボディバランスを維持できれば、全てのプレーで無駄のない動きにつながります。

まとめ

ボディバランスは、全てのプレーの土台となる根本的な要素です。ボディバランスを常に意識して、プレーの質を向上させ、レベルの高いプレーを目指しましょう。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする