【インドア】ダブルフォワードのカットサービスを攻略しよう【ソフトテニス】

インドアのダブルフォワードは強力な戦術です。

特にカットサービスからの展開は強力です。

多くの人がダブルフォワードとの対戦に慣れていないのに対し、ダブルフォワードの相手は、雁行人との対戦に十分に慣れています。この点で不利が生じ、なんとなく戦ってしまうと相手の得点パターンにはまってしうことになります。

対ダブルフォワードでは、カットサーブからの展開で明確な意思を持ってレシーブすることが重要です。

今回は、ダブルフォワードのカットサーブに対するレシーブの考え方を見ていきましょう。

レシーブの選択肢

レシーブは次の3つを中心に組み立てましょう。

①アタック

②ロブ

③ショートクロス

それぞれ詳しく見ていきましょう

① アタックレシーブ

カットサーブのレシーブはどちらかのプレイヤーに思い切りアタックすることを中心に組み立てると良いです。

アタックレシーブのコースとしては次の3通りあります。

1.ストレート(前に立っている前衛にぶつける)

2.クロス(サービスダッシュする方にぶつける)

3.ミドル(二人の間を割る)
どのコースへ打つ場合も、ライジング気味にハネギワを狙って思い切り良く、打っていきましょう。低く鋭いボールが理想です。

カットサーブをアタックしていく場合には、サーブが短く相手との距離が近い利点を生かし、ボールに詰めて近距離からぶつけていきましょう。できるだけ近距離から打つ意識を持つことで、レシーブでも優位を奪うチャンスが生まれます。

カットサーブのレシーブでは、こうした低く鋭いアタックを中心に組み立てられると安定してレシーブゲームを戦うことができます。

② ロブでレシーブ

ロブでレシーブする場合には、前に立つ前衛の頭越しのコースに打っていきます。

アタックの構えから切り替えてロブを打っていくことで、相手の足を止めて、効果的にロブでかき乱すことができます。

組み立ての上でも、アタックレシーブを意識させたうえでロブを織り交ぜていくと効果的です。相乗効果でより厳しいボールに見せることができます。

③ ショートクロス

ショートクロスは、サービスダッシュする方の足元へツイストで狙っていきましょう。

これもアタックが打てる大きな構えから打てると、相手の虚を突くことができ反応しづらくなります。ツイストの得意な人は積極的に利用していきましょう。

上手く足元へ沈め、浮き球を引き出すことができれば、味方前衛のチャンスボールになります。

まとめ

ダブルフォワードのカットサーブのレシーブの考え方を紹介しました。インドアの大会ではカットサービスの対策は必須の要素です。ぜひ実践の中で取り組んでみて下さい。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする