【後衛】ボールを調整するための6つの要素【ソフトテニス】

ソフトテニスは対人スポーツです。

ゴルフのような個人競技とは違い、駆け引きの要素が強く、戦術を意識した技術を身に付けるべきです。重要なのは、ボールを調整する能力です。

様々なボールを打たせることで、相手は打点が変わり、対応を考えさせ、チャンスボールやミスショットを引き出すことができます。

逆に、単調にボールを打つ癖がつくと、上手く打っているつもりでも、相手が自分のボールに慣れてきてペースをつかまれてしまいます。

ボールを調整し、変化をつけることを前提にストロークの技術を磨いていくことが重要です。今回は、ストロークの“ボールの調整”について解説します。

ボールを調整するための要素

ボールの球質を決定する要素として、次の6つが挙げられます。レベルの高い選手ほど、こうした要素を鮮明に頭に描いてプレーしているようです。

① スピード

② 打点(テンポ)

③ 高さ

④ 回転量

⑤ 角度

⑥ 深さ

「ボールに変化をつける」と一言にいっても、これだけ多くの要素の組み合わせになっています。瞬時に、適切なボールをイメージし、選択することは容易ではありません。

それでも、理想的なボールの調整に少しでも近づけることができれば、ポイントを取る取得率も確実に上がっていきます。何となく打ち返すところから一歩進んで、より明確な意識でボールを調整することが大切です。

それでは、ボールの調整はどのようにして行うべきでしょうか。ボールの調整するためのポイントをいくつか見ていきましょう。

ボールを押す時間による調整

ボールの長短の調整は、ボールをどれくらい押すかで大きく決まります。

長いボールを打つときは、フラットにボールを押して、ラケットに乗るようにして打つようにします。逆に、短いボールを打つときは、インパクトと同時にラケットを上に抜くイメージで、ラケットとボールの接触が短くします。

長短の調整が上手くいかない時は、“ボールを押す”のか、“ラケットを抜く”のかという点をまず見直してみましょう。

回転で打つか、重心移動か

回転で打つか、重心移動で打つかで、ラケットを振るのにかかる時間が変わります。

これにより、ライジング気味の早いテンポなのか、ゆっくりのテンポなのかを調整できます。

ライジング気味で打つ時には、ボールに詰めて打つ必要があり、回転メインのコンパクトなスイングが適しています。それよりも位置を下げて、ゆっくりのテンポで打つ時には、その分時間の余裕があるので、重心移動を大きくしてしっかり打つフォームが適しています。

このようにテンポに応じて、回転で打つか、重心移動で打つかを上手く調整すると良いでしょう。

まとめ

“ボールの調整”について解説しました。ボールを調整して、効果の高いボールを選択できれば、ポイントの確率も高まるはずです。意識する点として、ぜひ取り入れてみて下さい。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする