【後衛】ストロークの圧力を増すためのフットワーク【ソフトテニス】

前衛からみて圧力を感じるような、ストロークを打ち込む選手がいます。圧力のあるストロークを打つ選手は、相手前衛の足を止め、広く攻め込むことができます。

ストロークの圧力を決める大きな要素は、フットワークにあります。打点への入るまでのフットワーク次第で相手前衛からの見え方大きく変わります

今回は、ストロークの威力を増すための、フットワークのポイントを見ていきましょう。

前に詰めながら打つ

ストロークの圧力を増すためのポイントは、前進しながら打点に入り、勢いを持ってストロークすることです。

止まってボールが来るのを待つか、ボールに詰めて打点に入るかで、相手前衛から感じる圧力は全く違ったものになります

前進する勢いで打点に入ると、相手前衛は実際よりも近くから打たれているような感覚を持ち、圧力や恐怖心を感じます。これにより相手前衛の足を止めることができます。

前進して打点に入るときのポイントは、クロスオーバーステップです。テイクバックする時の軸足(利き手側の足)を設定する時に、クロスして軸足を前に踏み出すことで、前へ勢いをつけて打点に入ることができます。

ストロークの圧力を増すためには、このクロスオーバーステップを意識し、前に踏み込みんでストロークをしていきましょう。

左右に振られたら“弧を描く”フットワーク

左右に振られた場合でも、前に詰めてフットワークを行うことができれば、ストロークで常に圧力をかけていくことができます。左右に振られた時に前に詰めるためには、弧を描くようにしてフットワークを行うことが重要です。

直線的に走って打点に入ってしまうと、ボールの勢いがなくなるだけでなく、走ってきた惰性で相手前衛からコースが読みやすくなり、不利になります。弧を描いてフットワークし、真後ろから打点に踏み出せば、左右に走った惰性をリセットでき、相手からコース次に打つコースを特定されること防ぐことができます。

どんなボールが来ても常に、ストロークで圧力をかけていくために、この弧を描くフットワークを意識しましょう。相手前衛からコースを読みづらく、圧力の大きいストロークを行うことができるでしょう。

まとめ

ストロークの威力を増すためのポイントを紹介しました。フットワークの踏み方を工夫して、相手前衛の足を止めるような迫力のあるストロークを身に付けましょう。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする