【よくわかる】ソフトテニスのルール【初心者必見】

ソフトテニスのルールをシンプルにわかりやすく解説してます。

試合の進め方

サービスボックスとインコート

  • サーブはサービスボックス(図中の赤ワク)の中に打ちます。
  • サーブの後はインコート(図中の青ワク)ラリーします。
  • ワンバウンドかノーバウンドで打ち合います。
  • アウト、ネット、ツーバウンドなどで失点です。相手にポイントが入ります。

%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9%e3%83%9c%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%81%a8%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%88

ポイントの数え方

  • 先に4ポイント取った方が、1ゲーム取ります。
  • 先に4ゲーム取った方が勝利”です。

注意点

  • ポイントが3-3で並んだ場合には、2点差が付くまでゲームを続けます。
  • 大学生や社会人の試合では5ゲーム先取もあります。
  • ソフトテニスでは、ポイント:2-1(ツーワン)、 ゲーム:ゲームカウント2-2(ゲームカウントツーオール) などとコールします。(硬式テニスと異なります。)

 

サーブのルール

  • サーブはのコースにそれぞれでサービスボックスに打ちます。

サーブのルール

  • サービスボックスに入らなかったり、ネットした場合は失敗(フォルト)となり、やり直しです。
  • 2回失敗すると失点(ダブルフォルト)です。
  • ソフトテニスではサーブのトスをやり直すことができません。(トスして打たなかったらフォルトです。)

サーブの順番

  • サーブ権は1ゲーム毎に交代します。
  • AとBが2ポイントずつ交代でサーブを打ちます。次のゲームはCとDがサーブを打ちます

サーブ権の交代

ファイナルゲーム

4ゲーム先取の試合で、ゲームカウント3-3となると、つぎのファイナルゲームを取った方が勝利となります。

(ファイナルゲームのルール)

  • 7ポイント先取
  • サーブ権は2ポイントずつでA→C→B→D→・・と交代する
  • ポイント5-5になった場合には、2ポイント差が付くまで続ける。

試合の進め方【まとめ】

  • ソフトテニスは4ゲーム先取
  • サーブ権は、ゲーム毎に敵ペアと交互。(ゲーム内ではペア内で2ポイント交代)
  • ゲームカウント3-3になったらファイナルゲームで決着。(7ポイント先取)

タイムのルール

ケガなどによりプレーの続行ができなくなり、正審がこれを認めた場合には、タイムを取ることができます。ひとりの人が、5分以内のタイムを2回まで取ることができます。タイムの間に回復できずプレーの続行ができなかった場合には、棄権となります。

何らかの試合の妨害やプレイヤーからの質問などにより、試合が中断される場合には正審の判断でタイムを取られることがあります。

こんなケースは得点?失点?

初心者の方が知らないと得点か失点か迷うケースについて見ていきましょう。

①投げたラケットにボールを当てて、相手コートに返球した場合は?

⇒ 失点です。手から離れたラケットで返球してもインターフェアとなり失点となります。

② 落ちていたボールに当たって返球できなかった場合は?

⇒ 失点です。ボールを拾わずに落ちていた場合には石ころと同じ扱いとなります。インプレーのボールが当たった場合には、返球できなければ失点となります。またコートに落ちた帽子などの装飾具にボールが当たった場合も同様のルールが適用されます。

③ インドアの試合で打ったボールが天井に当たった場合は?

⇒ 失点です。アウトになります。他の設備などにボールが当たってしまった場合も同様です。

審判の判定区分

審判の判定区分は以下の通りです。線審または副審がいない試合ではそれらの判定区分は精神が担当します。多くの試合では線審が省略され、正審が線審の判定区分も担当します。

判定区分

ボールのルール

ボールは1.5mの高さから落として、70〜80cm弾むボールを使います。

試合を行うコートで、ボールを落としながら空気調整を行います。

ボールのルール3

ソフトテニスの公認球

ソフトテニスの試合では、日本ソフトテニス連盟の公認メーカーを試合で使うことが、ルールになっています。ソフトテニスの公認球は、以下の3種類です。

ボール

長らく、公認球はケンコー、アカエムの2種類でしたが、2014年にダンロップスポーツのスリクソンが新たに公認球に加わり、3種類となりました。

公認球と練習球

各社のボールには“公認球”と、“練習球”があります。

ロゴが赤色なのが公認球、ロゴが青色なのが練習球です。

練習球と公認球

練習球は、公認球と同じ製造工程で作られています。

練習球は、公認球を製造する工程において、大きさや重さなどが基準値を満たさなかったボールを練習球として販売しています。

練習球は、品質は劣りますが、公認球よりも安い値段で買うことができます。

テニスコートのルール

テニスコートのラインの名称

それぞれのラインの名前は、つぎのようになります。

コートライン

テニスコートの大きさ

テニスコートの大きさは以下のように規定されています

テニスコートの大きさ

ネットの高さ

ネットの高さはサイドライン上で1.06m~1.07mと規定されています。

硬式テニスではセンターベルトを用いて、センターのネットの高さを調整しますが、ソフトテニスでは、センターベルトを用いずに、全体を同じ高さにします。

pixaby_tennis-court-1047099_640

テニスコートの種類

ソフトテニスの試合で多く使われるのは、オムニコートとクレーコートです。

オムニコート

表面に細かい砂粒をまいた、砂入り人工芝のコートです。走って止まる時に、足元が程よく滑るのが特徴です。クレーコートがローラーがけをしてコートを固めたり、冬は乾燥してコートが剥がれたりと管理が大変なのに対し、オムニコートはそういった必要がなく、管理しやすいコートです。

オムニコート

クレーコート

土のコートです。オムニコートに比べると、クレーコートでは、バウンドでボールが滑ってくるので、球足が速く感じられます。(天然芝のグラスコートと比べると、球足が遅いと言われていますが、ソフトテニスの試合で、グラスコートで試合することはほとんどありません。)

tennis-873368_640

ハードコート

硬い素材(アスファルトに樹脂をコーティングしたものなど)で作られたコートです。

国際試合や一部のトップ選手の試合などでよく使われるコートです。足元は全く滑りらないコートです。ボールもバウンド時にストップがかかるため、カットサービスのバウンドが弾まなくなるので、ハードコートの試合では、多くの選手がカットサービスを1stサービスに利用していきます。

テニスコート

体育館

冬場のインドアの試合で、体育館でのテニスコートで試合を行うことがあります。ハードコートと同様に、足元やボールのバウンドが滑っていかないのが特徴で、カットサービスが有利になります。

体育館

ラケットのルール

ラケットの競技規則は「両面のプレー特性が同一になるように設計され、フレームにストリングを張ったものとし、打球面は平面でなければならない」となっています。ラケットフレームの寸法、形状、材質、重量には特に制約はありません。日本ソフトテニス連盟の公認マークのあるラケットであれば問題なく使用することができます。

注意したいのは、ソフトテニスでは振動止めを使用できない点です。ソフトテニスでは、ラケットやストリングに硬式テニスで使用する振動止めなどの異物を取り付けることはできません。

ラケットの種類

ソフトテニスのラケットには、一本シャフト(シングルシャフト)と、二本シャフト(ツインシャフト)の2種類のラケットがあります。一本シャフトはしなりが良く、ストロークを多く打つ後衛向けのラケットです。二本シャフトは面安定性に優れ、操作性の良いラケットです。近年では、二本シャフトは前衛だけでなく、後衛のプレイヤーにも多く利用されています。

ラケット各部の名称

ラケットの各部は以下のような名称で呼ばれています。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする