【前衛】ボレーで迷ったときに確認したい3つのポイント【ソフトテニス】

ボレーの調子が悪いと感じることは、誰しも経験があるかと思います。

ボレーで上手く弾けず、感覚がいつもと違う日は、何をしていいか分からなかくなったり、あるいはいろいろと試しすぎて混乱したりするかもしれません。

しかし、調子が出ない時ほど、おおもとの基本に立ち返って、シンプルに修正していくことが大切です。基本は、シンプルなものです。

今回はボレーで迷ってしまったときに、確認したい3つのチェックポイントを紹介します。

肘の位置

ボレーが詰まる時には、肘の位置をチェックしましょう。ボレーが詰まる原因は、打点が身体から近くなるためです。

打点と身体との距離を保つためには、肘の位置を身体の前に取ることが重要です。肘が前にあれば、自然と打点が前にとりやすくなり、ボールを弾きやすくなります。

肘が横にきてしまうと、テイクバックでラケットを体の後ろへ引くことになり、打点も後ろになります。また、スイングも大振りになり、早いボールに対応しづらくなります。肘を前に取ることを意識することで、打点が前になり、ボレー自体もコンパクトになるので、速いボールでも差し込まれることなく、強く弾き返すことができるようになります。

こうした技術は、後衛のレベルが上がり、ボールのスピードが速くなるほど必要性が大きくなります。ボレーの調子を戻すだけでなく、技術のレベルを一段上げるためにも重要なポイントとなります。

ボレーが詰まると感じたら、肘の位置を身体の前に取ることを意識しましょう。

軸足の踏み込み

ボレーの弾きが悪い時には、軸足の踏み込みを確認しましょう。フォアボレーならば右足、バックボレーならば左足に軸足をとります。

下半身の脚力をボールに乗せるためには、軸足に十分にタメをつくって、バネのように解放していくことが重要です。ボレーの弾きが悪いのは、脚力を十分にボールに伝えられていないためです。

十分なタメをつくるためには、軸足に乗る時に、低い姿勢まで踏み込む意識が大切です。そのためには、軸足を取るための最後の一歩で、大きな歩幅をとることがポイントです

軸足への踏み込みを改善したいときは、軸足をとる歩幅を大きくすることを意識しましょう。

力を抜いて呼吸を合わせる。

調子が悪いと、強く弾こうとしたり、意気込んだりして、身体に力が入り、固くなってしまうことが多いです。ミスが出るために、ますます固くなり、悪循環に陥ります。

むしろ身体の力を抜くことで、ボールに力が伝わりやすくなり、少ない力でボールを強く弾き返すことができます。

身体の力を抜くために意識したいのは、呼吸です。プレー中、特にインパクトの瞬間などに呼吸を止めてしまうと、力が入ってしまいます。インプレー中、常に呼吸を止めることなく、プレーを行うことで、力が抜けて、自然体を保つことができます。

また呼吸は、リズムを合わせるためにも重要な意味を持ちます。呼吸を相手のリズムや、ボールのリズムに上手く合わせることができれば、淀みなく流れるようなプレーに近づいていくはずです。

まずは、力を抜くことを、技術的なチェックポイントと合わせて確認してみましょう。

まとめ

今回は、ボレーで迷ってしまったときに、確認したい3つのチェックポイントを紹介します。迷った時には、基本に立ち返って、シンプルな思考で取り組めば、遠回りせずに進んでいけるはずです。ぜひ参考に取り組んでみて下さい

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする