セカンドレシーブで確実に攻めるための3つの基本【ソフトテニス】

セカンドレシーブは自分から仕掛けることができ、得点に結びつきやすいチャンスの場面です。攻撃的なストロークで攻めていきたい所です。

攻撃のチャンスである一方で、ネットから近いために、ネットもアウトもせずに、攻撃的なショットを打ち込むことは、技術的には簡単ではありません。

したがって、ミスなく攻撃的なショットを打ち込むことができれば、他の選手と差がつく長所となります。基本を押さえて、確実に攻撃できる技術をものにしましょう。

今回は、セカンドレシーブで確実に攻撃するための3つのポイントを紹介します。

“前に一歩入って”から打つ

セカンドレシーブでは、ストロークするまでのステップの踏み方がポイントです。

少し下がった位置から前に一歩詰めてから、スプリットステップの小ジャンプをして打つ、というような流れのステップでレシーブを行いましょう。

前の立ってそのままの位置でレシーブするよりも、ボールに勢いがつき威力が増します。

一歩後ろの位置に構えて、一歩ステップインして打つことを習慣的に行うようにしましょう。

コンパクトに引き、振り切る

セカンドレシーブでは、コンパクトなテイクバックから、ラケットを振り切ることが重要です。

セカンドレシーブでは、強打で攻め込むことが大切ですが、ネットから近いので大振りしてしまうとネットやアウトなどのミスが多くなってしまいます。したがって、ラケットを小さく引いて、コンパクトな軌道でスイングすることが大切です。

また、コンパクトなスイングながらもラケットを振り切っていくことが重要です。振り切ることで回転がしっかりかかり、かつ強打で攻め込むことができます。

ミスなく攻め込むために、コンパクトにテイクバックして、振り切ることを心がけましょう。

リズムを合わせる

セカンドレシーブでは、リズム良く、思い切りよく打っていくことが大切です。

「セカンドレシーブは目をつぶって打て!」と教える指導者の方がいました。極端な例ですが、そのくらいリズムだけ合わせて、思い切りよく打ち込んでいくことが、セカンドレシーブでは大切です。

セカンドレシーブのミスの大半は、ミスを恐れて固くなる、タイミングが合っていないといった理由です。だからこそ相手のサーブやボールのリズムに合わせること、リラックスしてラケットを振り切ることが大切であるといえるでしょう。

まとめ

セカンドレシーブで確実に攻撃するための3つのポイントを紹介しました。セカンドレシーブは得点に結びつきやすい場面です。ミスが得点に変われば、ゲームの展開を大きく変えることができます。自信を持って攻めることができるレシーブを身に付けていきましょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする