【後衛】相手の体勢を崩すボールとは?【ストローク】

威力のあるストロークを打てるようになった選手が、良いラリーをして善戦してるように見えるのに、なかなかポイントに結びつかず試合に勝てないことは、しばしば見かける光景です。

このような選手が、勝てない原因は、相手の返しやすいコースやタイミングで配球してしまっていることにあります。見た目には激しくて長いラリーが続きますが、その実、相手を苦しめるには至らず、ポイントに結びつきません。

勝つためには、いかに相手の返しづらいボールを打ち、ミスやチャンスボールを引き出すかがカギを握ります。スピードのあるボールでも、相手の“どフォア”のコースに打っていては、相手を苦しめることはできません。技術があるのに、勝てない人は、相手の返しやすいコースに配球してしまっていることが多いのです。

それでは相手の苦しめるボールを打つためには、何が必要でしょうか。ポイントは”相手の体勢を崩す”ことにあります。

相手の体勢を崩すボール

相手のストロークの体勢を崩すことができれば、ミスやチャンスボールを引き出し、ポイントに結びつきます。

相手の体勢を崩すための考え方として、相手の“予想を外す”、あるいは“タイミングを外す”といった方法があります。

予想を外す

予想を外すという意味では、ボールを打つ順番が重要です。

連続して深いボールを打った後に、ショートクロスを打つといったような、手札の切り方によって、相手の予想を外すことができます。相手が何を考えているかを相手の立場で考えて、逆手に取ることが重要な考え方です。

予想をはずすために、技術的には、テイクバックが重要です。相手の予想を裏切る配球をしても、テイクバックの段階で悟られてしまっては効果が半減してしまいます。

どのボールに対しても、同じテイクバックから打ち分けることができれば、相手に次のボールを予想させず、スタートを切る足を止めることができます、万全のスタートを切った場合に比べ、打つ体勢を崩すことができるでしょう。

タイミングを外す

相手との間合いをずらして、タイミングを外すためには、テイクバック完了の時点で、コート全体を見渡せるぐらいの一瞬の余裕が必要です。

相手呼吸やリズムからタイミングをずらしやすくなります。実際に相手のタイミングを意図してずらすことは難しい技術ですが、テイクバックで余裕があると、相手前衛から間合いをずらして、ポーチボレーを外したりすることができるようになります。

まとめ

相手の体勢を崩す方法について考えていきました。身に付けたストロークを使って、いかに効果的なボールを打つかを考えることは大切です。相手を崩す発想をプラスして、ポイントに結びつくショットを模索してみて下さい。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする