【ソフトテニス】テニスシューズの選び方【初心者必見】

「テニスシューズを買おう」とお店に行くと、たくさんシューズが並んでいて、「よくわからない!」、「選べない!」なんてことが、あるかもしれません。

自分に合うシューズは、パフォーマンスは向上させ、身体に負担を低減します。納得のいく一足を選んで、上達の足掛かになればと思います。

それでは初心者が、シューズを選ぶ時にチェックすべきポイントを見ていきましょう。

サーフェスに合わせよう

ますはオムニ・クレーコート用のシューズを!

コートのサーフェスによって、シューズの靴底(アウトソール)の種類に違いがあります。

ソフトテニスでは、ほとんどの場合、砂入り人工芝(オムニ)コートか、クレーコートで練習や試合を行います。

まずは、砂入り人工芝・クレーコート用のシューズを準備すると良いと思います。砂入り人工芝・クレーコート用のシューズは、ほとんどのものが、一足でどちらのコートにも対応するシューズとして販売されています。

オールコートはハードコート用

オールコート用のシューズは、全てのサーフェスで使えると考えがちですが、基本的にはハードコート用の作りになっています。そのためオムニやクレーのコートで使うと、滑りが大きく、一歩目のグリップが効きにくいです。

「とりあえずオールコート用で」と考えがちですが、砂入り人工芝(オムニ)やクレーコートでプレーするなら、やはり砂入り人工芝・クレーコート用のシューズを用意する方が良いでしょう。

足に合うシューズを選ぼう

足幅の合うモデルを選ぶ

テニスシューズでは、モデルによって、足幅が決まっています。足幅の合うモデルを選び、その中でサイズを合わせていきます。

足幅は、2E(スリム目)、3E、4E(広め)の3つがほとんどです。初めてシューズを買うとき、自分にはどの足幅のシューズが合うのか実際にはいて確認してみましょう。

サイズを合わせよう

どんなに良いシューズでも、サイズが合っていなければ、パフォーマンスを発揮できません。サイズ合わせを正しく行いましょう。

サイズは、少し余裕のあるサイズを買うことがポイントです。カカトをシューズにピッタシと合わせた時に、つま先に0.5〜1cm程度の余裕が必要です。

可能であれば、店内を少し歩いて違和感ないか確認してみましょう。

サイズを確認する時には、普段プレーする時の靴下を履いて行いましょう。見落としがちですが、サイズがけっこう変わるので、大切なポイントです。

メーカー

ソフトテニスでは、多くの選手が、YONEX、ミズノのシューズを使っています。ただし公認メーカーのシューズであれば、もちろん、どのメーカーのシューズも使うことができます。一足目で、どれを選べばいいのか迷ったら、YONEX、ミズノがおすすめです。

※日本ソフトテニス連盟の公認のテニスシューズメーカーは、以下の通りです

アシックスジャパン(株)、ミズノ(株)、ヨネックス(株)、ナイキジャパングループ合同会社、グローブライド(株)、ダンロップスポーツ(株)、アディダスジャパン(株)、(株)ニューバランスジャパン、(株)ゴールドウィン、アメアスポーツジャパン(株)、(株)ディアドラ・ジャパン、フォワード・アパレル・トレーディング(株)

クッション性

クッション性は、ケガをしないために、チェックすべきポイントです。初心者の人は、テニスの動きに慣れるまで、ケガのリスクも高くなるので、クッション性の良いシューズを選び、ケガなく上達していきたい所です。

シューズのクッションは、走る衝撃を吸収するだけでなく、切り返す時の反発をバネのように補助してくれる働きをします。無理な動きをしないためにも大切な機能といえます。

軽量のシューズの中にはクッション性が低いものもあるので、確認しましょう。

まとめ

テニスシューズの選ぶ時のポイントを紹介しました。自分にフィットするシューズを選べば、パフォーマンスが上がり、ケガなく、上達していけるはずです。ぜひ実際にお店で履いてみて、自分に合う一足を見つけてみて下さい。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする