【コート外でもできる!】初心者にオススメの自主練習メニュー【ソフトテニス】

コートの外で、一人でできる練習メニューをみていきましょう。

「いつもの全体の練習ではもの足りない」、「短期間で上達したい」と思ったら、自主トレで力をつけましょう。少しの練習でも、積み重ねて練習すれば、基本がバッチリ身に付きます。

ストロークを自主トレしよう

素振りでフォームチェック

素振りは、正しいフォームを身に付けるためには、とても効果を発揮する練習です。

female-2551_1280

「正しいフォームで繰り返しラケットを振る」というシンプルな練習ですが、無駄のない効率の良い練習です。

鏡や窓ガラスに自分のフォームを映して、スイングをチェックしましょう。客観的にフォームをチェックできます。

素振りの一番の目的は、フォームを確認し、身に付けることです。回数は気にせずに自分の納得のいくところまでラケットを振ってスイングを確認しましょう。

キレイなフォームが身に付けば、ボールを使った練習でも、上達のスピードが速まります

素振りのチェックポイントをこちらにもまとめてあります。

素振りで理想のフォームを身に付けよう【一人でできるソフトテニスの練習】

素振りで美しいフォームのストロークをモノにしましょう。

壁打ちで基本を固めよう

素振りで感覚を掴んだら、壁打ちにトライしましょう。

壁打ちでは、ボールを打つ中で、フォームチェックをしましょう。

上に投げてワンバウンドさせたボールを壁に打って、一球一球、ボールを打ち込みます。

i13-92c-01

壁打ちでは、素振りでチェックできないインパクトや面の向きをチェックできます。インパクトに神経を集中して、感覚を磨いていきましょう。

一定のフォームでボールを繰り返し打つことができるのが、壁打ちの良い所です。フォームを崩さずに、繰り返し正しいフォームでボールを打つことができるので、とても効果的です。

また、壁打ちのもう一つのメリットとしては、ネット上に狙いを定める癖がつくことです。

コントロールの良い選手は、ネット上のどこにボールを通すかをイメージして、ボールを打っています。壁打ちでは、ネット上のどこにボールを通すかを、自然と意識されます。壁打ちの感覚を、コートでも生かせれば、コントロールが良くなっていきます。

サーブを自主トレしよう

まずはトス練習

トス練習は家でもできる練習です。

female-202g5511_1280

家の中で、椅子に座ってでも良くて、トスして、キャッチして、トスして、を繰り返すことで、感覚を掴むことができると思います。

キレイにトスが上げられれば、良いフォームでサーブが打ちやすくなるので、上達はかなり早まります。

トスアップのポイントとして、次の2点をチェックしましょう。

ポイント①:同じ高さに上げる

ポイントの1つ目は、トスの高さが常に一定の高さに上げられるように調整することです。高さはインパクトの少し上くらいです。自分のサーブに合わせて調整しましょう。トスが一定の高さに安定して上がれば、サーブが安定します。

ポイント②:腕全体でトスする

ポイント2つ目は、腕全体を使って押し上げることです。手首や肘などの関節を曲げて、トスすると安定しません。関節を曲げる力を使わずに、極端にいうと腕を棒状にして、押し上げるようにしてボールを押しあげます。大きな力は使わず、「小鳥を逃がす」ように力を抜いてそっと上げるイメージです。

トスのポイントはこちらのページにもまとめてあります。参考にしてみて下さい。

ボールをかたわらに置いて、暇な時にトスして“慣れ”を作りましょう。

サーブも壁打ちをしよう

サーブも壁打ちが、効果的な練習です。

特にサーブは、ネット上のどこを通すかで狙いを定めるという発想が、安定してサーブを入れるために重要なカギを握っています。そのためサーブは、壁打ちによってコートでの練習に劣らず効果的な練習ができます。

サーブはネットの上、ラケット1.5本分ぐらいの位置を通すと入ると言われています。

自分のサーブならどこを通すと深くて威力のあるサーブになるのか見極めて、同じ高さを安定して通せるように、壁打ちで鍛えましょう。

まとめ

初心者向け自主練習メニューを紹介しました。自主練習で基本が身に付けば、技術の成長のスピードも速まるはずです。ぜひ自主練習にトライしてみて下さい。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする