速いボールを打つ方法【ソフトテニス】

速いボールを打つためのポイントを見ていきましょう。

ストロークの威力には、スピード、重さ、深さ、コースなどの要素があります。

スピードがあれば、チャンスが生まれ、勝ちに近づくことは間違えありません。

ストロークのスピードは、ゲームの勝敗に直結する能力の一つです。スピードボールが打てる選手に魅力があることはいうまでもありません。

スピードで相手コートに押し込むような、威力のあるストロークを身に付けましょう。

今回は速いボールを打つためのポイントを見ていきましょう。

力を抜く

まずは腕の力を抜き、リラックスさせることを意識しましょう。

腕に力を入れてラケットを速く振ろうとしても、かえってスイングスピードは遅くなります。

腕の力を抜くことで、下半身が主導の、腕がムチのようにしなるスイングが実現します。

スイングスピードを上げるためには、リラックスすることが初めの一歩です。

体重移動における“タメ”と“カベ”

速いボールを打つためには、腕の力を抜き、下半身と腰の力で、ラケットを加速させます。下半身の力を使うためには、体重移動が重要です。

体重移動では、テイクバックのタメと、左足のカベの2つを意識しましょう。

タメ

テイクバックのタメは、体重移動の起点となります。バランス良く右脚の上に乗り、タメをつくりましょう。右脚一本でバランスをキープできることが理想です。

バランス良くテイクバックを行い、タメをつくることができれば、右足で地面を力強く押しながら体重移動を行うことができます。

体重移動で大きな力を生み出すために、タメをつくることを意識しましょう。

カベ

体重移動の力を鋭い腰の回転に変えるためには、左足のカベがポイントになります。

左足の母指球で地面を押し返しながら、体重移動の力を受け止めることで、体重移動の力を腰の回転の力に変えることができます。

カベができず、体が前に流れてしまうと、体重移動の力が逃げてしまいます。逆に、左足が突っ張ってしまっても、力の伝達が上手くいきません。

左足の膝を少し曲げながらも、地面を押しつつ踏ん張るようにして壁をつくります。左足に力を入れて踏ん張る感覚を意識しましょう。

ヒジをいれる

腕の使い方としては、ヒジを入れることを意識しましょう。スイングスピードを上げ、速いボールを打つためには、腕をムチのようにしならせることが重要です。

ワキが空いて、ヒジが入らないスイングでは、腕をムチのようにしならせることはできません。ヒジを入れ、腕の先端を加速させことを意識しましょう。

インパクトはフラットに

速いボールを打つためには、フラットにインパクトしましょう。すくい上げて回転をかけすぎてしまうと、ボールの推進力は少なくなり、スピードは遅くなります。また、回転量が多いこともボールのスピードを遅くします。

速いボールを打つためには、フラットに打ち抜くことを心がけましょう。

まとめ

速いボールを打つためのポイントを見ていきました。スイングスピードを上げるためには、リラックスして体を効率よく使うことが重要です。ぜひチェックポイントを参考に、速いボールを打つことに取り組んでみて下さい。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする