左利きの後衛を攻略しよう【ソフトテニス】

ソフトテニスでは、やはり左利きは有利です。これは、左利きの人数が少ないためです。

右利きの選手は、左利きとの対戦機会が少なく、慣れていないのに対し、左利きの選手は、右利きと多く対戦しており、戦術を熟知しています。

このため、右利き VS 左利きは、左利きが有利になります。この「慣れ」から来るギャップを埋めるには、戦術を前もって考えておくことが重要です。

今回は、左利き後衛に対する戦術を考えていきましょう。

左利きは流しが得意

左利きの後衛は流しが得意な傾向にあります

これは、ソフトテニスの試合では、正クロスでラリーをが多く、流しに合わせてフォームが固まっていくためです。

この流しに合わせた左利きのフォームは、体が開き気味の傾向があります。体を少し開いた方が、流しやすいからです。ここに攻略のヒントがあります。

正クロスで引っ張ると有利

左利きの後衛は、体が開き気味の傾向があると述べました。

このことから、「正クロスでの少し角度のある引っ張り」は有効なコースになります。正クロスで引っ張られると、左利きがフォアで対処しようとすると、体の近くへと向かってくるボールになります。

野球でいうとインコースへのボールです。

体がオープン気味の左利きの選手は体から遠いボールの対処は得意ですが、体の近くで打つのは得意ではありません。これは野球で、オープンスタンスのバッターが、インコースのボールを苦手とするのと同じことです。

さらに、右利きが、正クロスで引っ張ると、左利き相手後衛の体の近くへ向かって、えぐる軌道のボールになります。これはフォアで対応する場合、とても返球しづらいボールになります。

ここまではフォアの話ですが、バックで相手が対応する場合も、フォア VS バックとなりもちろん有利になります。

こうした理由から、「正クロスでの少し角度のある引っ張り」で左利きの弱点を突いていくのは、有効な戦術となります。

回転に気をつけよう

対左利きでは、回転にも気を付けましょう。

左利きの回転は、右利きと逆です。これは当たり前かもしれませんが、それでも多くの選手が右利きの回転に慣れているため、誤差が生じることは、しばしば起こります。。試合前にイメージを固めておくことが大切です。

特に回転を注意したいのが、サービスです。左利きのスライスサーブは、バック側へ曲がっていく回転です。これをフォアで対処していく場合、体に向かってくる軌道になるため、注意が必要です。

事前にどこまでフォアでいって、どこをバックで取るかを決めておきましょう。

まとめ

対左利きの戦術を考えていきました。いざ左利きと対戦するときに、迷わず戦術を立てられるように事前にシミレーションしておきましょう。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする