調子が狂ったときの修正法【ソフトテニス】

調子の良し悪しは誰にでもあります。

どのレベルの選手でも、調子が狂い、思うようにプレーできない経験があるはずです。

一日に数多くの試合をこなすソフトテニスでは、調子の良し悪しが出ることは避けられません。一試合の中ですら、好調で居続けることは難しいことです。

調子が狂っても、自分で修正できることは、安定して試合をつくれる選手になるために、重要なことです。

今回は、調子が狂った時の修正法を考えていきましょう。

ストロークの調子が狂ったら

①まずはテイクバックをチェック

ストロークの調子が狂ったら、最初にチェックすべきは、テイクバックです。

どんなにストロークが得意な選手でも、テイクバックが遅れると、打点が遅れ、バランスが崩れ、コントロールが狂います。

テイクバックが、試合中に遅れてくる原因として、メンタルの崩れが意外と多いです。

自分のミスを引きづってプレーする、相手の素晴らしいショットで戦意が削がれる、といったことが引き金となりメンタルが崩れ、相手が打つ瞬間への集中力が下がり、結果としてテイクバックの遅れに繋がるケースが多々あります。

もし試合で急にストロークのミスが出始めたら、気持ちを相手の打球に集中して、テイクバックが遅れないように修正してみましょう。

②とにかく相手コートに入れる

テイクバックなど基本的なことをチェックして修正できない場合は、技術的な修正を一度諦めて、相手コートに入れることだけを考えて、プレーします。

ソフトテニスの短い試合の中では、基本的な修正で、狂った調子を戻すことができなければ割り切りも必要です、

とにかく相手コートに入れる」、「足で拾って一本でも多くつなげる」というように割り切って気持ちを集中することが勝つためには必要なことです。

技術的な面で悩み過ぎては、調子は悪くなる一方です。前向きに戦う中で、「調子を取り戻す」、あるいは「悪い調子のまま勝つ」ことに気持ちを集中できれば、勝つ可能性も見えてくるでしょう。

サーブの調子が狂ったら

サーブが入らない時に修正を行うことは、勝つために重要です。

セカンドサーブを打つことを気にしないプレイヤーも意外に多いですが、セカンドサーブばかりを打つと、勝率は目に見えて下がるはずです。

ファーストサーブが入らないと感じたら、直ちに修正を行う必要があります。

修正としては、スピードを落とすことです。スピードを抑えて、確率を上げましょう。そして、スピードでなくコースを重視してポイントを取りに行きましょう。

相手のバックを突けば、スピードが少し遅くても、ラリーの主導権を握れます。ラリーが優位に始められれば、リズムをつかみ調子も上がってくるはずです。

ボレーでミスが出始めたら

ボレーでミスが出始めたら、ネットに詰め、できるだけ前でボレーすることを心がけましょう。

ネットに近いほどボレーの成功率は上がります。また角度もつけやすくなるので、決定力も上がります。

また、調子が悪い時は、強く弾くより、コースを狙って決めることを意識しましょう。ネットに近ければ角度がつくので、十分決まるはずです。コースを重視すれば、ラケットを振ることによるミスも減ってくるはずです。

まとめ

調子が狂った時の修正法を紹介しました。トーナメントで勝てる選手は、調子が狂っても修正する方法を知っているものです。ぜひ修正法を日々の練習から研究してみて下さい。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする