深いボールを打つためには【ソフトテニス】

深いボールは、相手後衛をベースラインの外に追いやり、相手のストロークの威力を半減することができます。

味方前衛は十分に距離が取れるので、ポーチボレーのチャンスが生まれ、二人で一本のテニスにつながるでしょう。

スピードがなくとも、深いボールを打ち続ければ、相手は「戦いづらい」「手強い」という印象を持ちます。深いボールで、試合に強い後衛を目指しましょう。

深いボールを打つためのポイントを見ていきましょう。

ネットの高い所を通す

深いボールを打つためには、高い軌道のボールを打つことが大切です。

そのためには、ネット上の高い所を通すことを意識しましょう。

ネット上のどこを通すかを意識して、ボールの軌道全体をイメージできると、深くボールをコントロールすることができます。

バウンドの地点だけを考えて、ボールをコントロールしようとすると、ボールが浅くなりやすくなります

ネット上のボールを通すところの目安としては、シュートボールで、ラケット1.5〜2本分ほど、ネットの上を通すイメージです。高い軌道のボールを目指しましょう。

ボール2個上

積極的にアウトしよう

練習では、アウトするぐらいに深いボールを打っていくことが大切です。

ベースラインを中心に狙っていきましょう。浅くて、コートにインするよりも、深くてボール一個アウトの方が、目標としている深いボールに近いと考えていくことが大切です。

アウトしよう

最終的なゴールとしては、ボール1.5個ぐらい内側を狙えるコントロールを身に付けて、誤差を含めてすべてコートに収めることを目指します。

最終的に、ボール何個分だけ内側を狙うのかは、個人のレベルによりますが、大切なのは、練習ではアウトを恐れずに、はじめからベースライン付近を狙っていくことです。目標に向かって一直線に練習を行っていきましょう

ボールを押す

インパクトでは、ボールを押して、伸びのあるボールを打っていきましょう。

バウンド後に伸びるボールは、相手後衛を後ろに下げることができ、より深く相手コートに押し込むことができます。

ボールを押すためには、ボールをラケット面に乗せて、長くインパクトを行うことが必要です。

インパクトでは、ボールの重みを感じながら、柔らかくボールを迎え入れることを意識しましょう。

まとめ

深いボールを打つためのポイントを見ていきました。速いボールがなくとも、深いボールが打てれば、勝ちに大きく近づくことができます。ポイントを意識して、深いボールに取り組んでみて下さい。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする