【ソフトテニス】勝つための前衛の動き【基本編】

ゲームの中で前衛がポイントを決めるためには、試合の中でのポジショニングを知る必要があります。

もちろん練習で、ボレーをノーミスで決められるような技術を身に付けることは、勝つための重要なステップです。しかし試合でポイントを決めるには、それだけでは足りません。

実践では、練習のように自分に向かってくるボールを打つのではなく、自らボールを追ったり、あるいは誘ったりと、自らアクションを起こす必要があります。そのためには、試合の中での前衛の動きを知る必要があります。

今回は、試合の中での前衛の動きの基本を見ていきましょう。

ポジショニング

前衛のスキルの中で最も大切なことは、ポジションを早く正確に取れることです。ポジションが、あらゆるアクションを起こす上での起点となります。

ポジションを取るのが早ければ、余裕を持って相手後衛を見ることができ、相手後衛との駆け引きにおいて先手を取ることができるのです。

ポジションの基本

前衛のポジションの基本は、相手後衛とセンターマークを結んだ直線上です。

ネット上でコートを3等分すると、相手後衛は3分の2の範囲に打つことができ、残り3分の1が死角になります。前衛は、相手後衛が打てる範囲の真ん中にポジションを取りつつ、3分の1の範囲をカバーします。

そのために前衛は、相手後衛とセンターマークを結んだ直線上立つわけです。基本的にこのポジションが、相手後衛が最も嫌がるポジションになります。

ネットからの距離

前衛は基本的に試合中は、ネットからラケット3~4本分の位置に立ちます。

味方後衛が打球する時には、この位置から一歩下がり、相手前衛も見つつ視野を広げ、そして相手後衛が打球する前に、この基本のポジションへと入ります。

さらに、状況に応じてポジションを前後させます。見方後衛のボールが短く、相手後衛が前に来た場合には、ネットに詰める必要がありますし、相手がロブを打ってきそうな場合には、少し下がって待つ必要があります。相手の特徴や場面に応じて、臨機応変にポジションを前後させることが必要です。

スタートのタイミング

ポーチボレーを決めるために、スタートのタイミングは重要です。スタートが、遅いと間に合わなくなりますし、逆に早すぎると抜かれてしまうことになります。

ポーチボレーのスタートのタイミングの基本は、相手後衛がラケットを振り出す直前です。ただし、状況によりスタートできるタイミングは前後します。相手が自分を見ていない状況や、相手が決め打ちである場合などには早くスタートを切れますし、その逆のケースもあります。基本のスタートのタイミングを押さえた上で、状況や相手の特徴に応じて、アレンジしていくことが必要です。

相手のボールを予測する

相手のボールやコースを予測することも、試合の中で前衛がやるべき仕事の一つです。

ポジションを早く、正確に取った上で、相手のボールを読んで動くことができて、はじめてポイントを決めることができます。まずはカウントと相手の性格を踏まえて、心理的な面から相手の打つボールを予測していきましょう。相手が強気で攻めてくるのか、それとも弱気でかわそうとしてくるのかなど、相手の心理状況をもとに予測をしていきましょう。

また心理面と合わせて、技術的な面からも、予測をしていきましょう。ゲームを進める中で、相手の技術的な特徴(引っ張りタイプなのか、流しタイプなのか、ロブが得意か、シュートが得意か、など)を分析し、心理的な面と合わせて、より確率の高い予測を組み立てていきましょう。

まとめ

試合の中での前衛の動きの基本を見ていきました。試合の中での前衛の動きは、実践を通じて磨かれていきます。実践の中で積極的に試して、前衛の動きの基本を身に付けていきましょう。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする